NEW

天皇賞・秋で”10Fの鬼”ヤマカツエースが復活!? “夢”と語った親子でのG1初戴冠の行方やいかに

【この記事のキーワード】

, ,

札幌記念(G2)2年連続敗退ヤマカツエースは夏に弱いのか? 最大のバロメータ「馬体重」が示す密接な関係と、秋のG1制覇を占う「2つ」の意味の画像1

 29日の天皇賞・秋(G1)に出走予定のヤマカツエース(牡5、栗東・池添兼雄厩舎)。2000メートル重賞で4勝をあげる”2000mの鬼”が、秋の大一番でG1初戴冠を目指す。

 春の金鯱賞(G2・芝2000m)を制したヤマカツエースは、次走の大阪杯(G1・芝2000m)では3着。キタサンブラック、ステファノスの後塵を拝したものの、マカヒキ、サトノクラウンらには先着するなど得意とする距離での強さを見せた。だが、完勝を期待されて1人気に支持された前走の札幌記念(G2・芝2000m)では、古強者たちに意地を見せられてまさかの3着。一抹の不安を覚えつつ天皇賞・秋に向かうことになった。

「札幌記念では、サクラアンプルール、ナリタハリケーンらに遅れを取りました。ですが、開催されたのは洋芝の札幌競馬場。ヤマカツエースは、これまで洋芝の競馬場で開催された重賞に4回出走していますが、[0.0.2.2]と結果を残せておらず、得意とはしていないよう。前走だけで判断すると痛い目にあう可能性もあります」(記者)

 ベストの距離での敗退を受けて見限るのは早計とも十分考えられるだろう。そのヤマカツエースは主戦騎手である池添謙一騎手を背に栗東CWコースで僚馬と併せ馬。道悪の中でも6F81.1-12.2秒を記録し、1馬身先着したという。「netkeiba.com」の取材に対し、池添兼調教師は追い切りで負荷をかけたと話し、「動きは良くなっているし、いたって順調」と好調をアピールしている。

天皇賞・秋で”10Fの鬼”ヤマカツエースが復活!? “夢”と語った親子でのG1初戴冠の行方やいかにのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!