NEW

有馬記念(G1)は牝馬祭り!? キタサンブラック撃破を虎視眈々と狙う「女王候補4頭」に熱視線

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1212arimakinen_01.jpg※画像:『競馬つらつら』より

 一昔前、「有馬記念では馬券に牝馬はいらない」というジンクスが存在していた。これは1971年にトウメイが優勝して以降、実に37年間も牝馬が戴冠することはなかったためだ。

 だが、2007年に2着に入ったダイワスカーレットが翌年にその高すぎる壁を打ち破ると、09年、10年には名牝ブエナビスタが2年連続で2着入線。12年と13年には牝馬の出走がなかったが、14年にはジェンティルドンナが、ゴールドシップ、ジャスタウェイらをねじ伏せ勝利を飾っている。

 近年の有馬記念においては、はなから牝馬を馬券対象外とみなすことはできなくなっている。そして今年も、牡馬勢を蹴散らし上位に食い込むことが期待されている牝馬が4頭、出走を予定している。

1215arima_mikki.jpg※画像:ミッキークイーン 『競馬つらつら』

 まずはファン投票で第9位に支持されたミッキークイーン(牝5歳・栗東、池江泰寿厩舎)。昨年も有馬記念に出走して5着と健闘した。今年は始動戦の阪神牝馬S(G2)を快勝したものの次走のヴィクトリアマイル(G1)では7着。さらに鞍上の浜中俊騎手が4コーナーで外側に斜行したため、過怠金を支払うという後味の悪いものとなった。

 だが、それ以降は6月の宝塚記念(G1)で3着、夏を挟み秋初戦となったエリザベス女王杯(G1)でも3着と調子をあげている。今年、一昨年前の秋華賞(G1)以来の勝利をあげたミッキークイーンが、昨年を上回る成績を残すことはできるのだろうか?

有馬記念(G1)は牝馬祭り!? キタサンブラック撃破を虎視眈々と狙う「女王候補4頭」に熱視線のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!