NEW

松坂大輔「客寄せパンダ」中日入団の”元凶”……「金優先主義」家族に右往左往の選手生活晩年?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松坂大輔「客寄せパンダ」中日入団の元凶......「金優先主義」家族に右往左往の選手生活晩年?の画像1

 松坂大輔が、中日の入団テストに合格したことがわかった。

 プロ19年目、松坂が身を置くことになったのは名古屋。報道陣には完全非公開で実地され、西山和夫球団代表や森繁和監督ら首脳陣が見守る中、ブルペン投球を行った松坂は、見事に合格。右肩の状態が順調なら沖縄・北谷で行われる春季キャンプに参加するとのことである。

 ソフトバンクでは3年間で1軍登板わずか1試合という松坂。一時はコーチ就任の話もあったが、現役にこだわり、一時は四国アイランドリーグや米独立リーグの可能性も取りざたされた。

「中日はプロ入り時に西武2軍投手コーチだった森繁和氏が監督、西武の先輩の友利結氏が国際渉外担当ということで、救いの手を差し伸べた格好といえます。肩の状態には大きな不安が残りますが、人気急落中である中日回復の起爆剤的意味合いもあるでしょう。何とか1軍で活躍し、盛り上げてほしいものです」(記者)

 何とか、どうにかこうにかプロ野球に残ることが決まった松坂。活躍できるかは不透明だが、いまだに注目を集める名選手ではある。奮起に期待はしたい。「客寄せパンダ」で終わるかどうかは本人次第である。

 一方で「もうやるだけやった」「晩節を汚すな」という意見も少なくない。そして、何より批判が多いのが「アノ人」である。

松坂大輔「客寄せパンダ」中日入団の”元凶”……「金優先主義」家族に右往左往の選手生活晩年?のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!