NEW

パチスロ『押忍!番長A』”伝統システム”搭載で不安要素なし? 「低設定」懸念をも凌駕するあの「ヒット要素」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ『押忍!番長A』伝統システム搭載で不安要素なし? 「低設定」懸念をも凌駕するあの「人気演出」とはの画像1

 大手メーカー大都技研は先月27日、同社が誇る新機種のプレス発表会を実施。人気コンテンツだけに、会場は大きな賑わいを見せた。

 今回、同イベントで発表されたのはパチンコ・パチスロの2機種。まずパチンコは昨年ミドルタイプで登場した『CR吉宗4天昇飛躍の極』のライトスペックバージョンが披露された。

 大当り確率約1/219、右打ち時は大当りの50%で2,025個が獲得でき、遊びやすさと瞬発力を高めた仕上がりとなっている。また『吉宗』はパチスロ機で同社をトップメーカーまで押し上げた代表コンテンツ。パチスロファンからも大きな注目を集めている1台である。

 ただ、それ以上に注目を浴びたのが、同社を代表パチスロコンテンツ『押忍!番長A』だ。スペックは最大304枚を獲得できる青7揃い、その他のビックボーナスでは最大260枚、最大106枚を獲得できるレギュラーボーナスを搭載。

 また青7ボーナス終了後はRT50G、それ以外のビッグボーナス終了後はRT20Gが付与され、遊びやすさを追求した1台となっている。

 これまでAT・ARTで登場してきた『番長』シリーズだが、今回は初のノーマルタイプ。気軽に遊べるという点では、期待は高まっているが…。

「遊びやすさの代償ともいえますが、設定が一切入らない状況を懸念するファンは多いですね。

実際、とあるホール関係者は『偶数設定の最低でも出率が非常に甘く、ホールは設定1(奇数の最低設定)を使わざるを得ない』と述べていますからね。

そしてノーマルタイプはボーナスで増やす仕様。設定の影響を直に受けることになります。AT・ART機とは違って、ノーマル機の低設定で誤爆することは滅多にないですからね」(記者)

 いくら遊びやすいとはいえ、低設定が続く状況はあまりよろしくない。特に、出玉を求めるプレイヤーにとっては死活問題である。

パチスロ『押忍!番長A』”伝統システム”搭載で不安要素なし? 「低設定」懸念をも凌駕するあの「ヒット要素」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!