NEW

パチスロ新台『平和・大都技研』看板コンテンツにも陰りが…… 「激甘」「3段階設定」特徴的”クセ”が足かせに?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ新台『平和・大都技研』看板コンテンツにも陰りが...... 「激甘」「3段階設定」特徴的クセが足かせに?の画像1

 度重なる出玉規制により、パチスロ5.9号機の「ART・ATスペック」の需要は減りつつある。そのため、今後導入される新機種は、ボーナスで出玉を増やす「ノーマルタイプ」が多く占めている状況だ。

 今月は完全告知機『ニューシオサイ-30』(パイオニア)、4月には「GOGOランプ」でお馴染みの『アイムジャグラーEX-AE グリーンパネル』(北電子)も導入予定。老若男女問わずに愛されるノーマル機だけに、その注目度は高いだろう。

 ただ、ファンから熱い視線を注がれている新機種はこれだけではない。業界を牽引するトップメーカー大都技研・平和が誇る代表コンテンツも登場を控えているのだ。

 それが、『押忍!番長A』『ルパン三世不二子Type-A+』である。

『番長』シリーズといえば、大都技研が誇る人気シリーズ。これまでAT・ARTで販売されてきたが、今回はシリーズ初のノーマルタイプで登場だ。

 スペックはボーナス+RTと馴染み深いゲーム性。特段珍しい仕様ではないが、注目すべき点は「低設定」の甘さである。なんと設定1でもボーナス合算確率は約1/149。それに加えビックボーナス終了後は、必ず20G~50GのRTに突入するゲーム性となっているのだ。

 また、100G以内のボーナス連チャン率は設定1でも「50%」を超え、現行機種トップクラスの遊びやすさといえるだろう。ユーザーからの関心度の高さも頷ける。

 その一方、『ルパン三世不二子Type-A+』も「ルパン三世」シリーズでお馴染みの平和を代表するビックコンテンツの1つ。ゲーム性は『番長』と同様、ボーナス+RTという仕様だ。

 また、3種類のボーナスのうち、技術介入によって獲得枚数が300枚~400枚まで変動する『獲得枚数超変動タイプ』のビッグボーナスも搭載している。

 そして最も特徴的なのが、これまでに類を見ない設定が「3段階」という点だ。「2段階」「4段階」「6段階」設定を搭載した機種は見受けられたが、今回の「3段階設定」はパチスロ史上初の試みだろう。

 このように、それぞれ特徴的な要素を持ち、他との差別化を図る両機種。今後、ノーマルスペックの販売が多く見込まれる以上、その特徴はより重要になってくるはずだ。

パチスロ新台『平和・大都技研』看板コンテンツにも陰りが…… 「激甘」「3段階設定」特徴的”クセ”が足かせに?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!