NEW

M.デムーロ騎手「雨の中京」と相性最悪!? 金鯱賞(G2)「前日雨」の影響避けられず……大本命スワーヴリチャードに”暗雲”か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 一方、主戦のデムーロ騎手はここのところ人気馬に騎乗している割には重賞を勝てていないが、先週は5勝を上げる大活躍。勝利数を28勝に伸ばし、リーディングで独走態勢を築きつつある。

 人馬共に死角なし。事前予想ながら単勝1.8倍も頷ける盤石ぶりだ。ここは素直に従う他ないと思いきや……本サイトの「データ班」が何やらうるさい。

「重箱の隅をつつくようで申し訳ないんですが『デムーロ騎手と中京』というのが、あまり良いイメージがないんですよね」(データ班)

 データ班にもかかわらず「イメージ」とはどうしたことか……ただ、今年だけに限定すればデムーロ騎手は【0.0.2.5】と散々な成績。参戦したのは愛知杯(G3)のあった1月13日だけだが、人気が【6.1.0.0】であったことを考慮すれば、この日の”デムーロ信者”が悲惨な目に遭ったことは容易に想像できる。金鯱賞と同じ芝の2000mで行われた愛知杯でも、2番人気のタニノアーバンシーで17着と、後に尾を引きそうな大敗だった。

「あの日は芝こそ良馬場発表でしたが、ダートはずっと稍重で雨の影響が多少残っていました。というのも、どうやらデムーロ騎手は『雨で馬場が渋った中京』での相性が最悪のようです。

昨年は中京全体では81回騎乗して【17.13.16.35】で勝率21%、3着以内率56.8%と優秀な結果を残しています。しかし、これが『良馬場以外』になると昨年は19回騎乗して、わずか1勝。勝率は5.3%まで落ち込みます。これはデムーロ騎手の成績からすれば、かなり相性の悪い部類になりますね」(同)

 気象庁の発表によると、今週の名古屋は8日の木曜日から雨が降り出すようだ。そのまま金、土と降水確率が高い日が並び、レース当日の11日こそ晴れのち曇りだが、仮に前日まで3日間雨が降れば、馬場悪化は避けられないだろう。

M.デムーロ騎手「雨の中京」と相性最悪!? 金鯱賞(G2)「前日雨」の影響避けられず……大本命スワーヴリチャードに”暗雲”かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!