NEW

大阪杯(G1)ダンビュライト「JRA制裁王」浜中俊騎手に「斜行心配」の声多数……”悪夢”の阪神競馬場で汚名返上なるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪杯(G1)ダンビュライト「JRA制裁王」浜中俊騎手に「斜行心配」の声多数......悪夢の阪神競馬場で汚名返上なるかの画像1

 期するものがあるに違いない。

 ハイレベルな混戦模様となっている今年の大阪杯(G1)。4月1日に阪神競馬場で行われる古馬頂上決戦において、有力候補の一角を占めるダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)の鞍上が浜中俊騎手に巡ってきた。

 昨年のクラシックでは一歩及ばない存在だったダンビュライトだが、年末にサンタクロースS(1600万下)を勝ち上がると、今年1月のAJCC(G2)で重賞初制覇。古馬になって本格化を迎え、いよいよG1制覇も現実味を帯びてきたところではあるが、その一方で難航を極めていたのが「鞍上問題」だった。

 第1候補は、AJCCで重賞初制覇に導いたM.デムーロ騎手。しかし、スワーヴリチャードにシュヴァルグラン、ペルシアンナイトなど大阪杯に出走予定のライバルを数多くお手馬に抱える超人気騎手。それだけに、まだ重賞を勝ったばかりのダンビュライトでは実績的に「分が悪い」と述べざるを得なかった。

 結局、デムーロ騎手は本命候補のスワーヴリチャードを選択している。

 第2候補は、昨年のクラシックを共に戦った武豊騎手。その手腕も然ることながら、すでにダンビュライトを手の内に入れている騎手だけに十二分の存在だったが、決定寸前になってお手馬のアウォーディーの元にドバイからの招待状が届いて白紙に……。川崎記念(G1)、フェブラリーS(G1)と連敗していた中での”逆転招待”だっただけに、ダンビュライト陣営からも悲鳴が漏れたという。

 本馬を管理する音無秀孝調教師としては、第3候補として所属騎手の松若風馬騎手を推したいところだった。実際にダンビュライトとは2戦2勝で相性もいい。しかし、まだG1実績がないことが懸念され、最終的にはG1・8勝を誇る浜中騎手に白羽の矢が立ったというわけだ。

 しかし、その一方で浜中騎手も「試練の時」を迎えている。

大阪杯(G1)ダンビュライト「JRA制裁王」浜中俊騎手に「斜行心配」の声多数……”悪夢”の阪神競馬場で汚名返上なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!