NEW

武豊「暴論」に隠された真意。史上初JRA開催”失敗”に「慣れの問題」世界を知るレジェンドの見解とは

【この記事のキーワード】, ,
武豊「暴論」に隠された真意。史上初JRA開催失敗に「慣れの問題」世界を知るレジェンドの見解とはの画像1

 7日、競馬界のレジェンド武豊騎手が自身の公式ホームページを更新し、先週行われたJBC開催について独自の見解を示している。

 2001年の創設から18回目にして、史上初めての中央開催となったダート競馬の祭典JBC開催。普段、主にJRA主催のレースの馬券しか購入しないファンにとっては、初めて1日3つのG1が立て続けに行われたことになる。

 それは京都競馬場に詰めかけたファンの多くも同様だったようで、武豊騎手は「馬場側から見て、盛り上がってくださっているなとは感じましたが、ピークへの持って行き方に戸惑っているのかなとも少し思いました」と率直な感想を述べている。

 結果的に馬券売上としては、JBCスプリント(G1)が39億3487万4700円(前年比+264.7%)の売上レコードを達成し、JBCクラシック(G1)の75億2690万4700円(前年比+315.3%)もレコード。JBCレディスクラシック(G1)でも42億6908万9200円(前年比+458.9%)を記録するなど、中央開催の”恩恵”はあったといえる。

 しかし、過去に今回と同様のケースだった2011年の南部杯(G1)が従来の約14倍(1400%)の売上を達成したことを踏まえれば、決して大成功だったとはいえないはずだ。

 その原因は馬券を買う競馬ファン側が、今回のJBC開催のような「1日複数G1開催」に対し「予想や馬券購入に”忙しすぎて”楽しみ切れない」ことがまず挙げられるだろう。武豊騎手も「日本人はまとめてドンと楽しんでしまうことにボクらも含めて不慣れなのかもしれません」と、1日複数G1開催に対する課題を提示している。

 ただ、その上で興味深いのが「でも、これはまさに慣れの問題」と持論を展開していることだ。

武豊「暴論」に隠された真意。史上初JRA開催”失敗”に「慣れの問題」世界を知るレジェンドの見解とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由