NEW

武豊「暴論」に隠された真意。史上初JRA開催”失敗”に「慣れの問題」世界を知るレジェンドの見解とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「暴論」に隠された真意。史上初JRA開催失敗に「慣れの問題」世界を知るレジェンドの見解とはの画像1

 7日、競馬界のレジェンド武豊騎手が自身の公式ホームページを更新し、先週行われたJBC開催について独自の見解を示している。

 2001年の創設から18回目にして、史上初めての中央開催となったダート競馬の祭典JBC開催。普段、主にJRA主催のレースの馬券しか購入しないファンにとっては、初めて1日3つのG1が立て続けに行われたことになる。

 それは京都競馬場に詰めかけたファンの多くも同様だったようで、武豊騎手は「馬場側から見て、盛り上がってくださっているなとは感じましたが、ピークへの持って行き方に戸惑っているのかなとも少し思いました」と率直な感想を述べている。

 結果的に馬券売上としては、JBCスプリント(G1)が39億3487万4700円(前年比+264.7%)の売上レコードを達成し、JBCクラシック(G1)の75億2690万4700円(前年比+315.3%)もレコード。JBCレディスクラシック(G1)でも42億6908万9200円(前年比+458.9%)を記録するなど、中央開催の”恩恵”はあったといえる。

 しかし、過去に今回と同様のケースだった2011年の南部杯(G1)が従来の約14倍(1400%)の売上を達成したことを踏まえれば、決して大成功だったとはいえないはずだ。

 その原因は馬券を買う競馬ファン側が、今回のJBC開催のような「1日複数G1開催」に対し「予想や馬券購入に”忙しすぎて”楽しみ切れない」ことがまず挙げられるだろう。武豊騎手も「日本人はまとめてドンと楽しんでしまうことにボクらも含めて不慣れなのかもしれません」と、1日複数G1開催に対する課題を提示している。

 ただ、その上で興味深いのが「でも、これはまさに慣れの問題」と持論を展開していることだ。

武豊「暴論」に隠された真意。史上初JRA開催”失敗”に「慣れの問題」世界を知るレジェンドの見解とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!