NEW

JRA「裁決曖昧」に関係者激怒!? 松岡、武藤騎手2週間騎乗停止が厳しすぎ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「裁決曖昧」に関係者激怒!? 松岡、武藤騎手2週間騎乗停止が厳しすぎ?の画像1

 11月24日、レースで斜行したとして東京競馬場で騎乗していた松岡正海騎手と武藤雅騎手に、12月1日から9日まで9日間(開催4日間)の騎乗停止処分が下された。

 武藤雅騎手は東京第3Rで、ビービーパトリックで4コーナーを曲がる際に外へ斜行。同馬にコスモアイトーンが接触して騎乗していた柴田大知騎手が落馬している。そして、松岡騎手はメインのキャピタルS(OP)をグァンチャーレで勝利したものの、最後の直線で斜行し、後続の進路を狭めたとされる。

「斜行は大きな事故につながる恐れもある危険な行為。罰せられるのは当然ですが、今回のこのふたりの処分に対しては関係者たちから『あれで2週間は厳しすぎる』との声が上がっています。

 松岡騎手の一件は過怠金で済ませてもいいぐらい軽いものだったはず。武藤騎手の場合は柴田騎手の落馬につながってしまったため、厳しくなっても仕方ないところはあります。ただ武藤騎手も内にいた馬が外に張ってきたため、それを避けるべく外に膨らんだようにも見えます。彼だけに非があるとは言えませんよ。

 JRAの裁決は、1年を通して一貫性があまり感じられず、関係者も納得できないことが多いです。これではファンが不満を持つのも当然ですよ」(競馬記者)

 関係者たちも憤慨している今回の一件。そして周囲が納得していない以上にふたりの騎手は無念さを噛み締めていることだろう。

JRA「裁決曖昧」に関係者激怒!? 松岡、武藤騎手2週間騎乗停止が厳しすぎ?のページです。GJは、競馬、松岡正海武藤雅阪神JFの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!