NEW

JRA大阪杯(G1)エアウィンザー「武豊→浜中俊」がプラスな理由。角居勝彦調教師「不気味発言」で逆転十分

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA大阪杯(G1)エアウィンザー「武豊→浜中俊」がプラスな理由。角居勝彦調教師「不気味発言」で逆転十分の画像1

 31日に開催される「大阪杯(G1)」は、空前の豪華メンバーによる競演となる。G1馬8頭というハイレベル戦となるが、そこに挑むのが15戦7勝、前走金鯱賞(G2)で3着だったエアウィンザー(牡5 栗東・角居勝彦厩舎)だ。

 3歳時こそ勝ち切れない印象だったが、昨年の4歳秋に本格化し12月のチャレンジC(G3)を圧勝。今回も対戦するステイフーリッシュやダンビュライトに決定的な差をつけ、一躍「2019年の出世頭」に躍り出た。

 しかし、金鯱賞では1人気に推されながらも、先に抜け出したダノンプレミアム、追い込んできたリスグラシューに決定的な差をつけられ3着敗退。武豊騎手の騎乗が悪くなかっただけに、兄エアスピネルと同様「やはり一線級では今一歩足りない」という印象を抱いたファンも多いかもしれない。

 また、今回はドバイ遠征に向かう武豊騎手に替わり、浜中俊騎手に手綱が移る。ルメール騎手と合わせて3人は同じ豊沢信夫エージェントと契約しているが、扱いとしては浜中騎手が「3番手」。今年18勝をあげてはいるものの、昨年重賞は未勝利など、不安な声も少なくない。しかし......。

「浜中騎手は大阪杯とはG2時代から相性がいいですね。2010年はテイエムアンコールで、2012年はショウナンマイティで勝利しています。同コース通算19勝と阪神2000mの勝ち方を熟知しているんです。

『netkeiba.com』では大阪杯に向けたインタビューが掲載されていますが、これまでの大阪杯を振り返るとともに『阪神芝2000mでいうと、スタート直後と最後の直線に上り坂がありますが、感覚としてはフラットに近いようなイメージ(中略)京都の2000mのほうが難しい』『内回りの割には3~4コーナーの作りがゆったりしているので、そこでどう動くのか、あるいは動かないのか』など、独自の『阪神2000m論』を披露。過去2勝はどちらも6番人気ということで『エアウィンザーも6番人気がいいです!』と語っています(笑)。ない話ではなさそうな」(競馬誌ライター)

JRA大阪杯(G1)エアウィンザー「武豊→浜中俊」がプラスな理由。角居勝彦調教師「不気味発言」で逆転十分のページです。GJは、競馬、エアウィンザー大阪杯武豊浜中俊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!