NEW
農民、風俗嬢、やくざ、ビジネスマン…

中国で“幸せに”生きる日本人・和僑から見える日中のリアル

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『和僑』(角川書店/安田峰俊)
 繰り返される反日デモと、尖閣諸島周辺への領空・領海侵犯、共産党の一党独裁政権による民主化運動弾圧、中国バブルの崩壊ーー。われわれが日本国内で耳にする中国の情報は、どうしてもネガティブなものが多くなりがちだ。事実、中国を「嫌い」と感じる日本人は、すでに8割を超えているとの世論調査もある。

 だが、こうした困った隣国・中国に、わざわざ住む日本人たちがいる。統計上、その人数は実に14万人余り。中国は、アメリカに次いで世界で2番目に邦人数が多い国でもあるのだ。

 昨年12月15日、角川書店から刊行された『和僑』は、こうした在中日本人たちの姿を余すところなく描写した本である。書中で登場するのは、副題にある「農民、やくざ、風俗嬢」から、日中友好活動家や大企業の現地駐在員まで含めた、年齢も収入も職業も多種多様な人々ばかりだ。

 彼らが現地に住むことで見えてきた中国とは何か?

 また、中国から見た日本はどういうものか?

 著者のノンフィクション作家・安田峰俊氏に詳しく話を聞いた。

ーー「和僑」とは、どういう意味でしょうか?

安田峰俊氏
安田峰俊氏(以下、安田) 簡単に言うと「海外にいる日本人」のことです。本の中では、「中国に住んだり滞在したりしている日本人」くらいの意味で使っています。

ーーネットで「和僑」を検索すると、「和僑会」などのビジネス系サイトがよく引っかかります。また、「日経ビジネス」や「週刊ダイヤモンド」などで、「日本の若者よ、海外に飛び出して和僑になれ!」というような記事も多いですね。

安田 ビジネス系の文脈で、海外起業家を指す言葉として使われることも多いようです。ただ、そもそも「和僑」という言葉自体、もとは「華僑」をもじって2000年代につくられた造語だし、辞書で漢字の意味を調べても「海外で起業するビジネスマンを指す」とは書いていない。なので、この本では必ずしもビジネス系に限定しないで、もっと広い意味で使うことにしました。もちろん、本の中にはマカオで投資業を営む富豪や、上海で暮らすビジネスマンも出てきますけどね。

ーーそもそも、執筆のきっかけはなんだったのでしょうか? 「はじめに」には、ネットで面白い記事を見つけたからだ、と書いてありましたが……。

安田 昨年8月頃に、暇つぶしにネットサーフィンをしていて、日本人が書いた「中国の田舎に住んでるけど質問ある?」という記事を見つけたんですよ。よくある「2ちゃんねる」のまとめブログの記事だったのですが、内容がメチャクチャ面白かった。

 書き込みによると、スレを立てた人は中国奥地の雲南省の少数民族・イ族の奥さんと結婚して、彼女の地元の農村にずっと住んでいる。で、村では若者が山賊になったり、臓器売買や人身売買目的の誘拐が多発していたり、中央から派遣されてきた漢民族の村長を村人総出で追い出したりしていると。

ーーディープですね。なんでまた、日本人がそんな場所に住んでいるのでしょうか?

安田 やはりそう思いますよね。私たち日本人の常識からすると、中国の農村って、とにかく“ヤバい”というイメージが強いわけじゃないですか。治安が悪そうだし、何よりも衛生的に危なそうな気がする。で、彼の話としても、事実として山賊とか人さらいが普通にウロウロしているらしい。なのに、この彼は「2ちゃん」のスレ内で「でも、結構幸せ」とか書いてる(笑)。

『和僑 農民、やくざ、風俗嬢。中国の夕闇に住む日本人』


マスコミ報道からは見えない日中のリアル

amazon_associate_logo.jpg