NEW
変態企業カメレオン社長 ジョーカー福留氏インタビュー

「OSって何?」のトラック運転手からIT社長に転身する技術

【この記事のキーワード】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョーカー福留氏
引っ越したばかりというオフィスには、こよなく愛するアイスのカップも。
 元トラック運転手という異色すぎる経歴をもつIT社長、ジョーカー福留氏がこのほど初の単行本『バカが武器』(扶桑社刊)を上梓した。業界への転職を志した時点では、面接官に向かってまさかの質問返し「OSって何ですか?」で応じたほどのド素人だった男が掲げる“バカ”の真意とは果たしてーー!?

ーーそもそもOSがなんたるかも分かってない状態で、なぜIT業界だったんですか?

福留 ちょうど転職しようと思い始めてたころに、たまたま「ダ・カーポ」(マガジンハウス)って雑誌の表紙にデカデカと「IT力が年収に差をつける」って書かれてるのを見て、「そうか、時代はITか」と思っちゃったんですよね。で、それまでは「ガテン」(リクルート)で仕事探してたくせに、急に「Bーing」(同)とかを買ったりして。最初のうちなんて、無知すぎて作業着のまま面接に行ってましたしね。

ーー作業着のやつがいきなり来て、「OSって何ですか?」は、確かに狂気の沙汰ですね!

福留 まぁ、当然めちゃくちゃ落ちましたよ。求人の「未経験可」って言葉を信じて行ってみたら、「キミ、それはプログラムがってことであって、パソコン未経験のことではないよ」とか言われてね。でも、1社だけ受かって、完全に未経験なのに「経験2年」のプログラマーとして銀行のシステム開発の仕事をすることになったんです。当時はちょうど銀行の統合時期で人手不足。まさに、いないよりマシって状態だったんですね。

ーー現場では、意味不明な専門用語が飛び交っているわけですよね。怖くはなかったですか?

福留 そりゃ怖かったですよ(笑)。先方との打ち合わせで「来週までに2本ぐらい急ぎで作ってもらいたいんですけど、この程度だったらできますよね?」とか、いきなり言われちゃうわけですからね。そうなると、もうどうにもならないから周りの人に助けてもらうしかない。だから、隣の席のまだ20歳そこそこの若い子に「なんでここにいるの?」とか「ホントバカだな」とか罵倒されながら、必死で吸収しましたね。

ーーヘタにプライドがあったら、続けられませんよね?

福留 いまはこうしてネタにできてますけど、当時はやっぱりすごいキツくて、ストレスで体重が10kgぐらい落ちちゃった時期もありました。でも、「この道で生きていくんだ」って自分で決めた以上、目の前にあることからやっていくしかない。そこに年齢は関係ありませんからね。まぁ結果的に、4年たって辞めるころには、「全然違う道に来ちゃったな」ってことに気づいちゃってたわけですけど(笑)。

ーーホリエモンみたいなのを想像してたのに、と。

福留 ですね。ただ、やってよかったなとは思ってますよ。インプットをたくさんしすぎて「やめといたほうがいいかな、ムリだろうな」って動けなくなるよりかは、分からなくてもまず動いてみるほうがずっといい。そこに「自分がこう変わりたい」ってものがあるなら、その気持ちを大事にしたほうが、大変でもそれなりに道は拓けていくんじゃないかと思うので。そういう意味でも無知さってひとつの強さなんですよね。

ーーそれこそが「バカが武器」だったわけですね。では、現在はどうでしょう? ご自身は、名前からしてバカっぽい『変態企業カメレオン』の代表にして、“先進バカ企業”が集うイベント『青春! バカサミット』の主催者でもあるわけですが。

『バカが武器』


破天荒な人生譚。

amazon_associate_logo.jpg