NEW

元メガバンク支店長が明かす、銀行を使うと損をする?投資より積立預金を勧めるワケ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 個人投資を促すための投資初心者向け少額投資非課税制度、NISA(日本版ISA)が1月よりスタートし、銀行や証券会社各社は新規顧客獲得に向け、積極的に営業活動を展開。4月8日付日本経済新聞によれば、NISA開始後3カ月でNISA口座を介した株式や投資信託の購入額は5000億円に上ったという。また、テレビでは消費者金融のキャッシングやカードローンなどのCMが数多く流され、それらを利用することへの抵抗感はますます弱まりつつある。しかし、こうした金融商品への投資や消費者金融の利用にはリスクを伴うため、「個人投資」「資産運用」がクローズアップされる今、「正しいお金の知識」を身につける必要性が高まっているといえよう。

 そこで今回は、三井住友銀行元支店長で、現在はアパート6棟とカフェ「SUGER COFFEE」(東京・田園調布)のオーナーを務め、3月に『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム)を上梓した菅井敏之氏に、普通のサラリーマンがリスクを負わないでお金を貯めるための基礎知識を聞いた。

--消費者金融が広く普及し、利用することへの敷居がますます低くなってきていますが、こうした傾向をどのように思われますか?

『お金が貯まるのは、どっち!?』(菅井敏之/アスコム)
菅井敏之氏(以下、菅井) 若い社会人たちが平気でカードローンを組んだり、カードキャッシングを利用していますし、私にアパート経営の相談に来る方々の中には、1000万円の預金もないのに「どうすれば銀行でフルローンを組めるのか?」と質問する方も多いです。自己資金が1000万円以下の人はアパートを購入してはいけないのに、一攫千金を夢見て購入しようとしているのです。家庭や学校で教わらなかったために、お金の常識を知らないことが大きな原因になっています。

 さらに、テレビでは有名タレントを起用したカードキャッシングのCMが数多く放送され、街中に消費者金融の大きな宣伝看板が設置されています。以前なら有名タレントが消費者金融のCMに登場することはなかったと思います。明らかに世の中が狂っていて、非常にまずい状況ですが、もちろんCMを中止させることはできません。こうした危機感から、正しい金融の知識をお伝えする目的で本書を執筆しました。

--本書では、メガバンク(都市銀行)の支店長を2店舗歴任されたキャリアから、貸し手の論理についてわかりやすく書かれていますね。

菅井 個人にとってはメガバンクよりも信用金庫を利用したほうがよいということなどを、26年間お世話になったメガバンクの手口を説明しながら書くのですから、本書の執筆に際しては葛藤がありました。しかし、知っていて社会に伝えないことは卑怯ではないのか。そう判断して、本書の執筆に至りました。

--個人利用の場合、なぜ信用金庫との取引のほうがよいのでしょうか?

菅井 社会人にとって20歳から50歳までの30年間が第1ステージで、50歳から80歳までの30年間が第2ステージです。50歳を過ぎたサラリーマンが、年金収入だけでは足りないので定年退職以降も働き続けることを想定した場合、他人に雇われ続けることを考えると気分が暗くなってしまうものです。コーヒーが好きなら喫茶店を開くなど、自分が本当にやりたいことに取り組む人生を目指すのが望ましいと思いますが、開業資金をメガバンクから融資してもらおうと思っても、個人の開業ではメガバンクに相手にしてもらえません。