NEW
シリーズ 医療の闇 第1回 薄毛治療の裏側

「はげは遺伝」は本当?防ぐ3つの生活習慣 AGA治療薬では強い副作用で死亡例も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
「ブラック企業アナリスト」として、テレビ番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)、「週刊SPA!」(扶桑社)などでもお馴染みの新田龍氏が、巨大な利権が絡む医療業界に切り込み、医療に潜む闇を暴露する。

 医療には闇がある。 

 確かに、医療医薬品業界は成長産業だ。2000年、世界の医薬品市場規模は3628億ドル(約36兆6000億円)であった。それが12年時点では9621億ドル(約97兆円)と、わずか10年ちょっとで2.7倍にまで拡大している。

 その中で日本が占める割合も大きい。医療関連のリサーチを世界規模で手掛けるIMS社の調査レポートにおいて、市場の区分けは「北米」「日本」「ヨーロッパ」「アジアおよびアフリカ、オーストラリア」「ラテンアメリカ」となっており、単一国家だけでひとつの調査地域を形成しているのは日本だけだ。それだけ、世界の製薬企業にとって攻略したい魅力ある市場といえよう。

 医療の世界では毎年のように新しい発見があり、新しい技術が生まれ、巨額のお金が動く。もちろん、医療の進歩によって助かる命があり、救われる人がいることは本当に素晴らしい。しかし一方で、必要もない治療を施され、大量の薬を与えられ、「果たしてこれで人は幸せになれているのか」と疑問を持つようなケースも多い。

 本連載では、筆者の元に日々寄せられる数々の告発の中から、特に医療に関するテーマを採り上げる。医療の本懐である「人を治療し、人生をより良くするため」という目的を外れた、医療の闇の部分について暴露していきたい。

 しかし、私自身は医療に関しては素人だ。業界内部の事情に通じた解説者が欲しいが、残念ながら医師や医療業界関係者は一枚岩であり、自らの利権を脅かす可能性のある記事に協力を求めることはそもそも難しい。

 そんな中、当連載の趣旨に賛同いただき、同業者から爪弾きに遭う可能性も厭わずに協力くださる医師に巡り会えた。恵比寿美容クリニック(http://www.ebisu-bc.com)院長、堀江義明氏である。

 堀江氏は、もともと救急救命医からキャリアをスタートし、その後美容医師として経験を積んだ。大手美容外科で部門責任者まで務めていたが、1日70名にも上る診察をこなすベルトコンベア式の対応に疑問を持ち、「患者に寄り添う医療」という思いを実現するために独立開業した。現在は予防医療を軸に、単に症状に向き合うのではなく、患者の生き方にまで思いを至らせる親身な対応を行っている。

 今回は、堀江氏へのインタビューを通じて、薄毛治療関連業界の問題点を明らかにしたい。