NEW

性同一性障害の「絶望的な苦しみ」 同性愛や精神疾患と無関係、本人の努力で治癒できず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者提供
 こんにちは。江端智一です。

「治療方法がない疾病にかかり、その激痛に耐えかねて、床の上で転がり回って苦しんでいる人に対して、あなたは『それは治療する手段がありません』『死ぬまで我慢してください』と言えるでしょうか?」

 今回のテーマは、性同一性障害で、男性から女性に性転換をされた方から頂いた1通のメールを元に進めたいと思います。

 メールには、当サイト記事『同性間で子どもをつくることは可能か?将来的には高い確率で可能~その技術的検証』 に対する感想と、「子どもが欲しい」という切実な気持ちが綴られていました。また、『出産しやすくする“技術的”方法~出産時期を調節、出産・育児を外部委託…』で言及した「人工子宮」や「出産のコントロール」への期待を願われている様子が、ひしひしと伝わってくる内容でした。

 私はこれらの提案を、少子化対策の技術的アプローチから行ってきたのですが、性転換をされた人たちにとって、どうしても越えられない問題の一つ「出産」を解決する手段にもなることに気がつきました。この件について、ここからもう一度検討してみようと考えました。

 しかし、ここではたと気がつきました。私は「性同一性障害」について、まったく知らなかったのです。

 まず、「性同一性障害」が、どういう障害なのか、なぜ発生するのか。また、メールに記載されている各種の用語「TS」「TG」「FTM」「GID」の意味もわかりません。さらに、性同一性障害についての法律や裁判などについては、断片的な知識があるだけです。

 そこで、今回と次回の2回に分けて、「性同一性障害」の全体像を理解したいと思います。

●性同一性障害患者は苦しんでいる

「性同一性障害」とは、最も広い定義では「生物学的な性と、自己認識の性が一致しない疾患」となります(この「疾患」という用語には、一部に異議もあるようですが、今回はこの定義で進めます)。

 さらには、「自己意識に近づけるために性の適合を望む状態」を含む解釈もあるようです(『Modern Physician 25-4 性同一性障害の診かたと治療』<山内俊雄/新興医学出版社>)。従来、男性3万人に1人、女性10万人の1人の割合で存在する、とされてきました(「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」より)が、最近の報告では2800人に1人程度ともいわれています(4月21日付日本経済新聞記事より)。

 ここで一番重視しなければならないことは、「性同一性障害」患者は「苦しんでいる」ということです。

 それは、「24時間365日、一瞬の休みもなく苦しみ続け、それを完全に治癒する対処法が存在しない」という絶望的な苦しみです。「性」を意識せずに生きることができる社会など、存在しないからです。