NEW
「もう結婚に恋愛は要らない! ~恋愛しない若者たち」 第5回

恋愛はコスパで判断?デートよりゲーム、同棲はお得…「専業主夫」肯定派も急増

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 9月30日、筆者の新刊『恋愛しない若者たち ~コンビニ化する性とコスパ化する結婚』(ディスカヴァー21)が出版された。テーマは「恋愛しなくても、結婚はできる!」。
 ここ数年、20代男女から、「恋愛は面倒」「コスパに合わない」との声をよく聞く。一方で、9割の若者は言うのだ。「いつかは(恋愛)結婚したい」と。

 この矛盾を解消するためには、「結婚に恋愛は要らない」と、いったんスパッと切り離して考えるしかない。それが本書を執筆したきっかけだった。

 本連載前回記事『「できちゃった婚」狙いの女性たち?恋愛リスクを避ける若者』で、「今の20代男女は恋愛をするうえでの“リスク”がひと昔前よりも高くなっている」と書いた。ストーカー、リベンジポルノ、デートDV……。さらに、男性にとっては「でき(ちゃった)婚」もリスクと考える向きがあり、回避するべくあらゆる手段を講じているという現実も紹介した。

 そんななか、不景気しか知らない今の若者が、消費だけでなく恋愛や結婚にもコストパフォーマンス(コスパ)を意識するのは、自然の流れ。そして世の恋愛の多くが「コスパに合わない」からこそ、「恋愛は面倒」となるのだろう。

 では逆に、彼らが恋愛で意識するコスパとは、具体的になんなのか。まず女性は、恋愛にかける「時間」がカギを握るようだ。たとえば、こんな声がある。

・「元カレと付き合った3年間がもったいない。あのとき、別の男性と付き合っていれば、今頃もっと幸せになれていたかもしれないのに」(27歳女性)

・「コスパでいえば大損。『私の青春を返せ』って感じ。つまらない男に時間を取られたから、婚期を逸しそう」(29歳女性)

 いささか身勝手な感もあるが、20代女性の多くは、「なんであんな人と」と後悔するような異性に時間を取られることを、「時間のムダ」「コスパに合わない」と感じるようだ。

 本連載10月8日記事『交際ゼロで結婚する若者たち 「恋愛→告白→セックス→結婚」の日本は異質?』(http://biz-journal.jp/2015/10/post_11869.html)で述べたとおり、欧米では複数の異性と同時並行で付き合うのが当たり前。しかし日本はといえば、いまだにまず「告白」という手順を踏んで、原則「ひとり」としか付き合えない。そのひとりに時間を拘束されてしまうため、別れた際に「その時間があれば、もっといい人と出逢えたかもしれないのに」と考えるのだろう。

デート代は月2万4000円

 一方、20代男性が「コスパに合わない」と感じるのは、やはり「お金(恋愛にかかる費用)」のようだ。

 実際、いまの若い男性はデートにどれぐらいのお金をかけているのだろうか。

 家計簿アプリ「マネーフォワード」の「2014年独身男女のお金実態調査」によると、1カ月にパートナーのために使える食事代やデート代、プレゼント代などの合計金額は、男性平均2万4113円、女性平均1万3778円だ。

 1カ月に2万4000円程度と聞いて、「それだけ?」と声を上げる20代女性もいる。だが、考えてみてほしい。今の20代男性の平均年収が、果たしてどれぐらいなのか。

『恋愛しない若者たち ~コンビニ化する性とコスパ化する結婚』


恋愛至上主義の終焉と結婚の危機! 恋愛とセックスと結婚の三位一体は崩壊!

amazon_associate_logo.jpg