NEW
重信初江「サッとつくれる一工夫レシピ」

なんでこんなに旨いんだ?パスタとすき焼きが奇跡の合体!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もはや無限に味付けのパターンがあるといってもいいスパゲッティ。和風だけでも数種類ありますが、麺つゆ1本で簡単に仕上がるすき焼きパスタはいかがでしょうか?

【材料(2人分)】

・スパゲッティ…160グラム
・牛肉切り落とし(こま切れでも可)…150グラム
・長ねぎ…1本
・にら…30グラム
・卵黄…2個分
・サラダ油…大さじ1/2
・麺つゆ(2倍濃縮タイプ)…大さじ3
・七味唐辛子…少々

【つくり方】

(1)水2リットルに塩大さじ1の割合で混ぜ、スパゲッティを茹でる。今回は多少麺が伸びてもいいが、「アルデンテがいい!」という場合は、麺を180グラムに増やしてもOK。茹で上がったらざるに上げ、サラダ油(材料外)を少しからめる。茹で汁は後で使うので、大さじ3~4杯ほどとっておく。

(2)長ねぎを斜めに7~8ミリ幅で切り、緑の部分も固くなければ入れる。

(3)にらを3センチの長さで切る。肉は、大きければ切る。


(4)フライパンにサラダ油を熱して牛肉を入れ、強めの中火で炒める。少し赤みがなくなってきたら、長ねぎを入れてサッと炒め、麺つゆ大さじ2を加え、肉にしっかり下味をつける。


(5)煮汁が半分くらいになったら、(1)と残りの麺つゆ、茹で汁大さじ3を入れて、全体に馴染むまで2~3分炒める。最後ににらを入れて、30秒ほど炒めれば完成。


(6)器に盛り、七味唐辛子を振って中央に卵黄を落とし、混ぜながらいただく。


 麺は太めがおすすめですが、リングイネという平たい麺でつくってもおいしく仕上がります。今回は味付けが濃いめなので、細い麺だと風味が負けてしまいます。


 冬に近づくこの時期は、ねぎが太く甘みも出てきて、おいしい季節です。今回は「千寿葱」という、太くてしっかりしたねぎを使用しました。これは、東京・千住のねぎ専門市場や、ねぎ商が選び抜いた上質なねぎです。

 2人分でねぎ1本は多いと思うかもしれませんが、炒めているうちにどんどん小さくなるので、むしろもっと入れたくなるかもしれません。また、にらの代わりに春菊を使うと、よりすき焼きっぽい味になります。柔らかい葉を選んで、にらと同じように最後に加えればOKです。

 また、スパゲッティの茹で汁で食器を洗うと、洗剤なしでも油汚れがすっきり落ちるので、茹で汁は全部取っておけば、食後にも活躍してくれます。
(文=重信初江/料理研究家)