NEW
青木康洋「だれかに話したくなる、歴史の裏側」

NHK大河『真田丸』、三谷幸喜の脚本は歴史的に非常識?

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
真田丸 HP』より
 1月10日、NHK大河ドラマ『真田丸』が始まった。


 過去にNHK大河では、戦国時代をテーマにした作品が数多く放送されているが、実は真田信繁(幸村)を主役として扱うのは今回が初めてである。信繁は、戦国時代屈指の人気武将だ。しかも、今回は脚本をヒットメーカーの三谷幸喜氏が担当するということもあり、放送開始前から期待を寄せる声が多かった。

『真田丸』の物語は、甲斐の名門・武田氏が滅びに向かうシーンからスタートする。当時の真田昌幸、長男の信幸(信之)、次男の信繁の父子は武田家配下の家臣である。もし武田家が滅びなければ、信繁も武田家の一部将として無名のまま生涯を終えたことだろう。しかし、武田家は滅亡し、寄る辺のなくなった真田の家族船「真田丸」は、戦国乱世という大海原に漕ぎ出す――。

 今後の波乱を予感させるには十分であり、視聴者がワクワクするようなオープニングだったといっていいだろう。

 ところで、真田丸といえば、「後年勃発した大坂の陣の際に、信繁が構築した砦」というのが一般的な解釈だ。しかし、ナレーションでも語られていたように、『真田丸』では、荒海に漕ぎ出した小舟のイメージに仮託されている。このあたりの新解釈は、三谷脚本ならではの妙味といえよう。

戦国乱世のターニングポイントだった1582年


 乱世の中を真田丸が漕ぎ出した天正10(1582)年とは、史実ではどんな時代だったのだろうか。

「天下布武」の旗印を掲げる織田信長は、この年まで順調に版図を広げていた。3月には、長年の宿敵だった甲斐武田氏を滅亡させ、このまま何事も起きなければ、天下統一を成し遂げていたはずである。

 しかし、武田氏滅亡のわずか3カ月後に本能寺の変が勃発し、武田氏を滅ぼした信長自身が家臣の明智光秀に討たれて落命、時代は再び混沌とする。これにより、その後の戦国レースを彩る主要人物たちも、さまざまな運命の変転に見舞われた。

 本能寺の変が起きた時、堺の町見物をしていた徳川家康は、わずかばかりの手勢とともに敵中で孤立したが、決死の思いで伊賀の山中を突破し、命を拾っている。この時、家康の下には穴山梅雪がいた。梅雪は初回の放送でも描かれていたように、武田家を裏切って家康に走った人物である。しかし、彼は家康と別ルートをとったため、一揆勢の襲撃を受けて殺害されてしまった。