NEW

ツタヤ図書館、市側の元図書館協議会会長がCCC天下り疑惑…新館長に就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「多賀城市立図書館 HP」より

 あの日から、もうすぐ丸5年を迎える――。被災した市民にとっては、真新しい建物に移転する市立図書館のリニューアルオープンについては、感慨もひとしおだろう。

 東日本大震災が起きた5年前、宮城県多賀城市立図書館では、建物の倒壊や来館者の人的被害こそなかったものの、市民が借りていた本の多くが津波で流出して蔵書が多数失われた。建物補修でも1年を超える休館を余儀なくされた。人も予算も足りないなかで、1日も早く復旧するために、図書館関係者はさぞや苦難の連続だったに違いない。

 そんななか、復興の象徴として菊地健次郎市長が推進してきたのが「ツタヤ図書館」の誘致だった。街に賑わいを呼ぶために、交通の便の良い駅前に新たな複合ビルを建設。その中にお洒落なカフェと新刊書店、レンタル店が同居する新感覚の図書館を設置する計画は、レンタル店大手TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が2013年から佐賀県武雄市で運営して話題になった公設民営図書館の基本コンセプトを、ほぼそのまま踏襲したものである。

 CCCが多賀城市新図書館の指定管理者となることが正式決定したのが一昨年6月のこと。そして、2年近くの月日を費やして3月21日にいよいよリニューアルオープンする。

 地元紙をはじめとしたメディアは、年明け早々から「年間120万人の来館を見込む」「市民利用率5割をめざす」などと、新図書館を手放しで歓迎するかのようなニュースが散見される。

 しかし、本サイトでもこれまで何度も取り上げているように、CCCによるツタヤ図書館運営に関しては、佐賀県武雄市での郷土資料大量廃棄や、除籍本とみまがうような古本による不適切な選書実態に始まって、神奈川県海老名市では奇妙な独自の書籍分類方法によって利用者が大混乱したことなどから、CCCと共同運営している図書館流通センター(TRC)が離脱を検討していると発表、その後共同運営を継続することになったが、不安を露呈した。また、個人情報保護の観点から必須条件であるPマークを指定管理者に選定された後で自主返上していたことが明らかになり、市民から運営に疑惑の目が向けられている。

 その結果、市民からはCCCの図書館運営があまりにもずさんとして、武雄市で2件、海老名市で1件、計3件もの住民訴訟を起こされているのである。

 それらの根本的な問題が何ひとつ解決されていないなかで「第3のツタヤ図書館」がオープンするため、多賀城市民をはじめとして関係者たちは不安を抱いている。

ツタヤ図書館、市側の元図書館協議会会長がCCC天下り疑惑…新館長に就任のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、TSUTAYAカルチュア・コンビニエンス・クラブツタヤ図書館多賀城市の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!