NEW

酒井若菜、原因不明の難病・膠原病 自分の体が自分を攻撃、誤診多く病院たらい回しも

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 2月、女優の酒井若菜膠原病を患っていることを発表して話題を呼んだ。


 膠原病とは、ひとつの病気を指すものではなく、複数の病気の総称であり、酒井は19歳の時に発症したという。しかし、昨年、別の種類の膠原病を発症、治療が必要になったため明らかにしたようだ。

 酒井は、体調について「大丈夫です。診断された時はショックだったけど、前向きに捉えている。病気を知るきっかけ、励みになれば」とコメントしている。

 今のところ、入院や手術などは伝えられていないが、症状が重くドラマの収録などがつらい時もあったといい、今後の芸能活動に与える影響も心配される。そもそも、膠原病とはどのようなものなのだろうか。新潟大学名誉教授の岡田正彦氏に聞いた。

「膠原病の『膠』は、『にかわ』とも読みます。にかわとは、動物の皮や骨からつくられる糊のことで、主成分はゼラチン(コラーゲン)です。これだけでは、なんのことかわからない人も多いと思いますので、順を追って解き明かしていきましょう。

 膠原病を理解するためのヒントは、『免疫力』にあります。人間の体には、外から侵入してくる異物(細菌やウイルスなど)を攻撃する仕組みとして、免疫力が備わっています。大切なのは、あくまで『自分ではないもの』に対して、免疫反応が起きるということです。

 しかし、なんらかの原因で、自身の体の一部を『他人』と誤認してしまう事態が生じることがあります。その際に生じる免疫反応は激烈で、例えば、子供に多い『1型』の糖尿病では、血糖値を下げるホルモンをつくる細胞が誤認され、破壊し尽くされてしまいます。このような病気は多数あり、まとめて『自己免疫疾患』と呼ばれます。

 細胞や組織の隙間には、互いをつなぎとめるにかわのような物質がいろいろと存在していて、前述のコラーゲンもそのひとつです。そして、これらの物質に対して免疫反応が起きる自己免疫疾患が、膠原病です」(岡田氏)

原因不明のため、誤診も多い膠原病


 岡田氏によると、「全身性エリテマトーデス」「強皮症」「皮膚筋炎・多発性筋炎」「結節性多発動脈炎」「リウマチ熱」「関節リウマチ」の6つが狭義の膠原病とされ、いずれも女性に多く認められるという。