NEW

小保方晴子、ほぼ全員を捏造野郎扱い…強い自己顕示欲と自分への自信、恩知らず

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『あの日』(小保方晴子/講談社)
【今回取り上げる書籍】
あの日小保方晴子・講談社・1400円

 去年オレが批判した『絶歌』(太田出版)著者の神戸連続児童殺傷事件の元少年Aでも同じことがいえる。大騒動を起こした人物は、その後手記を出せばとりあえずの数千万円を稼げる、というビジネスモデルをさらに確立したという意味で、本書は実に画期的である。元少年Aは犯罪者であり、本書の著者はそうではないという違いはあるが、26万部もこの本は売れたのですか。実に喜ばしいことであります。誰にとってかといえば、講談社にとって、ですね。小保方さんの一生にとってはどうかは知りません。良い企画つくりましたね。

 本書の読み解き方については、小学館から3月4日に発売された国際情報誌「SAPIO」で1.5ページにわたってオレは答えているので、当サイトのこの書籍紹介連載では、『あの日』を一冊読むにあたり、オレが付箋を貼り、ハイライトをした部分を一部紹介しよう。本書のエッセンスとツッコミポイントをどうぞ。

 本書をめぐって「SAPIO」では「宗教書」(小保方氏を信じる人にとっては「ついに教祖様が肉声を出してくださいました!」という意味合いのもの)と、北野武監督映画『アウトレイジ』的な作品である、と述べた。前者は想像しやすいだろうが、後者は説明が必要だな。

『アウトレイジ』のコピーは「全員悪人」だが、『あの日』については『(登場人物)ほぼ全員悪人』である。善人として登場するのは、ハーバードの関係者、理化学研究所の丹羽仁史氏、亡くなった笹井芳樹氏、マスコミから逃げるのを手助けしてくれた理研の事務方、心配してくれたタクシー運転手、あとは小保方氏の家族(特に祖母)程度で、そのほかはほぼ全員が悪人として描かれている。

 こうした前提を元にオレがハイライトした部分を紹介する。で、小保方氏を擁護する方々に言いたいのは、「またマスゴミが不当な叩きをしている」と簡単に断定するな、ということである。今回の『あの日』はモノカキとして小保方氏が書いたものであり、それは我々のような書評を仕事にしている者の批評に晒されるのは当然のことである。これはオレの同書への解釈だ。それでは引用開始。

天ぷら屋での接待の際、酔っ払って意識がうつろな中…


<「はるさん、帰るよ!」大和先生の声が聞こえた。私は返事の代わりに「先生、私、アメリカに行きたいです」と言うと、それを聞いた男の人が名刺を渡してくれた。そして「本当に来たいならメールして」と言ってくれた。これがハーバード大学の小島宏司先生との出会いだった>

――羨ましい! チャンスってあるものですね!