NEW

がん、糖尿病の予防には毎日の飲酒?高血圧者は腎臓がんリスクが4倍以上に!

【この記事のキーワード】

, , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 4月17日に都内で挙式を行ったお笑いタレント・川島章良(はんにゃ)。川島は、4日に放送されたバラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で、2014年11月に腎臓がんと診断されて手術を受けていたことを明らかにした。


 その後、15年2月に現在の妻と入籍、今年1月の再検査でがんが再発していなかったことから、晴れて挙式を行ったという。

 また、7日放送の『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞けるマル秘料亭~』(テレビ東京系)では、俳優でタレントの小西博之も以前に末期の腎臓がんで手術したことを告白した。小西は腫瘍があまりに巨大だったため、医師に「生存率2%」と告げられたが、手術を経て回復、現在は完治しているという。

 川島は32歳、小西は45歳で罹患した腎臓がんとはどんな病気で、どんな点に気をつけるべきなのか。新潟大学名誉教授の岡田正彦氏に聞いた。

「がんで死亡する日本人のうち、男性で3%、女性で2%ほどが腎臓がんによるものです。日本や韓国では最近、増加傾向にあり、生活習慣や環境の変化が発生に影響していることをうかがわせます。

 また、腎臓がんについての大規模な追跡調査(JACC Study)が国内で行われ、血圧の高い人ほどかかりやすく、血圧が正常な人に比べて罹患率が平均4.27倍になることがわかっています。

 また、糖尿病がある人はそうでない人に比べて2.59倍、BMI(肥満指数)が26以上の肥満の人は1.7倍も腎臓がんになりやすいようです。逆に、毎日60分以上歩いている人や、適量のお酒を飲んでいる人は腎臓がんになりにくいこともわかりました」(岡田氏)

おなかの痛みやしこり、血尿には要注意


 高血圧や肥満の人は、特に注意が必要なようだ。では、なぜ血圧や飲酒量が関係してくるのだろうか。