NEW
新見正則「医療の極論、常識、非常識」

デブや喫煙者は健康保険制度から排除すべき? 保険料を増額すべき?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 今回は、本連載前回記事に引き続いて「デブ」の話題です。“非常識君”は、次のように主張しています。


「そんなにデブが将来生活習慣病を引き起こし、そして多大な医療費を必要とするなら、間違いなくそうなるデブの基準を決めて、それ以上の人には生活習慣病の健康保険医療は適用しないようにすればいい。それが嫌なら痩せればいいのだから」

 一方で、“極論君”は「デブでも元気で長生きしている人がいるのだから、細々と個人の生活や食習慣などに介入せずに、自由に生きてもらって、そして病気になった人には手厚い医療を施せばそれでいい」と持論を展開しています。

 前回は、人は分類したがるといったお話をしました。そしてその分類が100%正しければ問題はないのですが、そのなかには例外があります。つまり、とんでもないデブでも平均寿命以上に長生きする人がいるなら、デブという理由だけで健康保険医療から排除することは明らかにおかしいと思いますね。

 そして、本当にデブが100%健康に悪いのであれば、医療従事者、医師、看護師、パラメディカルにデブはいないはずですが、病院やクリニックで勤務者を観察していると、全員が痩せてはいないですね。メタボリックシンドローム(メタボ)の健診をしている医師や人間ドックの担当医がデブのこともありますね。

 肥満を専門としている学会に所属している先生にもデブの人がいます。本当にメタボの基準が100%正しいのであれば、そんな専門医の入会資格に、女性は腹囲が90センチ未満、男性は85センチ未満と定めても整合性があります。呼吸器専門の学会では専門医は禁煙を義務としているところもあります。ということは、医療従事者の間では、「デブはそれほど命の危険と強い相関がない」と思われているのでしょうか。肥満の専門家で肥満の人に聞いてみたいですね。

あるべき保険医療の姿


 さて、非常識君が言うように、自分の意思でリスクを減らすことができるのに、あえてそれをしないで、そして予想通りに疾病に罹患したならば医療費の健康保険適用は外すべきだという論調にも、ちょっと違和感を覚えます。冬山に行けば遭難するかもしれないのに、冬山に行く人はいます。そしてまれに遭難しても、みんなで助けに行きます。