NEW
沢木文「アナタの隣にいる転落女子」

子供いて家庭円満でも不倫する妻たち…ホテル後に何食わぬ顔で帰宅、セックスレス夫に復讐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 ミュージシャンのファンキー加藤が、飲み仲間であるお笑いタレント・柴田英嗣(アンタッチャブル)の元妻とダブル不倫をした上、妊娠させていたことが発覚して話題になっている。


 柴田の元妻は、当初、素性を隠して加藤に接近したとも一部で報じられており、この“サークルクラッシャー”(コミュニティ内の恋愛で人間関係を悪化させたりする女性のこと)的な行動に、一部で非難の声も上がっているようだ。

 知らなかったとはいえ、友人の妻と関係を持ってしまい、さらに妊娠させるという、男性にとって最大の悲劇。筆者は、不倫経験がある男女50人ほどにインタビューをしたことがあるが、結果的に不倫相手の男性を離婚させる“略奪婚”をしたのは、子供を妊娠した女性だけだった。

 つまり、男女のフワフワした関係を着地させるには、子供という圧倒的な存在感が必要なのかもしれない。

 略奪婚をした女性たちに、離婚から結婚までに一番大変だったことを聞くと、異口同音に「男性が妻との離婚を渋ったこと」を挙げた。男性は“習慣”のなかで生きており、それを変えることが困難な生き物なのだ。それと同時に、男性は女性から愛されたいと思っている。

 そして、単調な習慣のなかで“足りない何か(ドキドキや射幸心、新鮮な肉体関係)”を不倫相手に求めているだけなのだ。

上司や元カレと不倫三昧、夫には「ざまあみろ」


 さて、ここで目を向けたいのが妻の不倫事情だ。夫は信じたくないかもしれないが、多くの女性が、夫以外の男性と肉体関係を持っている事実がある。リッツ探偵社の山村佳子氏は、「スマートフォンの浸透とともに、妻が不倫するケースが増えている」と語る。

「スマホがあればいつでも連絡ができますから、不倫は容易です。家事や仕事の合間を縫って、ちょっとした時間に恋愛を楽しんでいる人が多いと感じます」(山村氏)

 その相手だが、専業主婦はフェイスブックで再会した元カレや同級生、有職女性は、同僚や取引先など仕事関連の男性が多いという。

「例えば、営業車で同僚とラブホテルに入る、出張してきた同級生のホテルに遊びに行くなど、1~2時間の逢瀬を楽しみ、何食わぬ顔をして家庭に帰る。そんな妻は多いですよ。

 妻側から夫の浮気調査の依頼がある時は、『慰謝料が取れるように、確実に証拠を押さえてください』というオーダーが多いです。一方で、妻の浮気に気がついた夫側からは『相手が誰だか知りたい。妻に知られずに別れさせてほしい』という相談を受けます」(同)

『貧困女子のリアル』

社会的に注目されている貧困女子はシングルマザーなどが多かったが、ここにきて、短大や大学を卒業した30代女性たちが貧困状態に陥っていることが表面化してきた。街金での借金、親からのDV、男性への依存など、悲惨な現状はネットや雑誌でも話題になり、反響は大きい。学歴があるのに、なぜお金に困るのか、なぜ人生を捨てたような日常になってしまうのか。親や上司の世代には理解しがたい驚くべき現実。そして意外に共感できるという同世代の女性たち。社会問題としての貧困女子を浮き彫りにする。

amazon_associate_logo.jpg

『不倫女子のリアル』

愛されたい女たちの逆襲がはじまった!?

ベッキー、宮崎謙介、桂文枝、乙武洋匡……。世間を騒がし、社会問題となりつつある“不倫”。今や芸能界以外でも不倫は横行、特に働く女性が主導権を握るケースが増えている。女性はなぜ不倫に走るのか。不倫するとなぜ世間からディスられるのか。円満な家庭でも不倫のリスクはあるのか。女性の社会進出とともに価値観や倫理観も変わってきた。実際に不倫をしている30~40代の女性へのインタビューを通して、都会型不倫の現況と社会的背景を探る。

amazon_associate_logo.jpg