NEW

トニックシャンプーは使用NG!ハゲや抜け毛の恐れ、危険な成分配合、毛穴の油は必要

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まだまだ暑さの残るこの時季、トニックシャンプーが手放せないという人も多いのではないでしょうか。「トニックシャンプーを使うと、すっきり爽快!」「アブラをよく落としてくれるから毛が生えてくるはず」と思っていませんか。

 そんな人は10年後、20年後を大いに心配してください。アブラの落としすぎは、抜け毛やハゲる原因と考えられているからです。「そんなのは聞いたことがない」というのは、これが業界最大のナイショの話だからです。今回は、そんなタブーに挑戦しましょう。

 そもそも、英語における「トニック(Tonic)」とは、「肉体的、精神的に元気づける」「強壮剤」という意味です。「トニックウォーター」は、苦みのある薬草や柑橘を入れた炭酸飲料で、これも強壮剤として飲まれていました。また、「ヘアトニック」は、養毛剤と訳されます。

 化粧品の分野では、トニックは化粧品の効果効能としては「フケ、かゆみを抑える」成分です。清涼感や爽快感を与えることで、かゆみなどを防ぎます(『化粧品事典』<日本化粧品技術者会/丸善>参照)。成分としては、メントール、カンフル、トウガラシチンキ、グリチルリチン酸ジカリウムなどです。これらの成分があると、スーッとする感じ(爽快感)を与え、さらに菌の過剰な繁殖によるフケを抑えたり、消炎作用や血管拡張の作用によって血流も促進されます。

 また、いわゆる薬草といわれるような植物成分を含むことも多いです。皆さんは果物や植物にカブレて、皮膚がかゆくなった経験がありませんか。化粧品に含まれる植物の成分は、通常はカブレまでは起こしませんが、少し刺激があるので部分的に血が集まりやすく、血流が高まります。抜け毛や薄毛を防ぐためには、毛根にしっかりと栄養を届けてあげること、つまり血流が重要です。これが、本来のトニックの役割です。

トニック+シャンプー=ハゲる?

 しかし、「トニックシャンプー」の定義となると、誰も知りません。正直に言うと、売れるからつくられた“造語”です。もともとトニックは、現在のような強い洗浄力を持つシャンプー剤とは一緒に使用されていませんでした。なぜなら、実は養毛には「刺激」と「アブラ」の2つが必要だからです。アブラの落としすぎはよくない――、これは毛髪科学の常識です。毛根の細胞にダメージが加わると、抜け毛やハゲる原因になるのです。毛根へのダメージを防いでいるのが皮脂のアブラです。