NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

間違いだらけのコレステロールと中性脂肪の知識!数値が高い=健康に悪い、ではない!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 健康診断や人間ドックで「異常あり」と指摘される頻度の高い検査の代表が、「コレステロール」と「中性脂肪」です。知っているようで知らない、この2つの検査の正確な意味を整理してみましょう。

 コレステロールは脂質ですから、水に溶けず、そのままでは血液と混じり合うことができません。そのため、石鹸の泡のような膜に包まれ、微粒子となって血液中を流れています。その膜には、外側が水になじみ、内側は油になじみやすいという不思議な性質があります。

 これら微粒子の名前がLDLやHDLで、それぞれ粒の大きさを表す英語の頭文字です。検査の名称としても用いられていますので、聞いたことがあるかもしれません。

 LDLは、肝臓でつくられたコレステロールを体の隅々にまで運ぶ役割を担っていますが、余ったコレステロールは血管の壁に溜まって動脈硬化症を引き起こすことになります。そのため「悪玉」と呼ばれたりしていますが、本当は大切な栄養素を運んでいるものなのです。

 一方、HDLは血管の壁に溜まった余分なコレステロールを引き抜いて肝臓に戻すという役割を担っています。そのため「善玉」とも呼ばれます。

 各微粒子に含まれるコレステロール自体はどれも同じものであり、悪玉と善玉の違いはありません。食品のコマーシャルで「この○○には善玉コレステロールが豊富に含まれている」などの表現がされていることがありますが、明らかな誤用です。

中性脂肪とは?


 では中性脂肪とは、なんなのでしょうか?

 食品中の脂肪分は、その主成分が「脂肪酸」と呼ばれるものです。いろいろありますが、ヒトの体内で中心となっているのはリノール酸など数種類です。

 脂肪酸は、一部が細胞の構築材料となりますが、大部分はエネルギー源として利用されます。そのため化学変化を起こしやすく、食品中や体内ではいくつかの脂肪酸が寄り集まって貯蔵に適した安定した形となっています。これが中性脂肪です。中性脂肪は、主にVLDLと呼ばれる第3の微粒子に多く含まれています。

 HDLコレステロールは、血管に溜まってしまった余分なコレステロールを回収している途中のものですから、その値が高いほど健康が保たれていることになります。一部の例外はありますが、その数値が高いほど健康的であり長生きすることがわかっています。HDLコレステロールの検査値が非常に高い人は、ユーモアも込めて「長生き症候群」など呼ばれることもあるくらいです。