NEW

年収8百万円でも破綻寸前の世帯は多い!中流家庭を貧困にさせる数千万円の住宅&車の購入

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
経済ジャーナリストの荻原博子氏
「年収800万円」といえば、現在の日本では間違いなく高給取りで、「勝ち組」の部類に入る。国税庁によれば、年間の平均給与は415万円(2014年)なので、ざっとその2倍の収入になるわけだ。


 ところが、年収800万円にもかかわらず、「家計が火の車」「破綻寸前」という家庭が少なくないという。『隠れ貧困 中流以上でも破綻する危ない家計』(朝日新聞出版)の著者で経済ジャーナリストの荻原博子氏に、そうした「隠れ貧困」の実態について聞いた。

高収入者に多い「隠れ貧困」の恐怖


 荻原氏によると、「年収800万円もあり、普通よりいい暮らしをしているように見えても、『なぜか、まったく貯金がない』という家庭は、意外にもたくさんあるのです」という。

 金融広報中央委員会の調べによると、貯金ゼロの人の割合は、年収750万円~1000万円未満で11.2%。年収1000万円~1200万円未満の場合は、さらに増えて13.5%に上る。

「たとえ貯金がゼロでも、膨大な住宅ローンをはじめ、学費や塾といった子供の教育費など、出費は増えることがあっても減ることはありません。そんな状態では、家族の誰かが突然病気になっても対処できない。そればかりか、お金を借りてしのいだとしても、返済するあてがないので、ますます経済的に困窮してしまうのです。私は、こういう人たちを『隠れ貧困』と呼んでいます」(荻原氏)

『隠れ貧困 中流以上でも破綻する危ない家計』(朝日新聞出版/荻原博子)
「年収が多いのに貯金ゼロ」という家庭が増えた背景には、ひとつに税金の国民負担率の上昇や保険料などの引き上げがあるという。

「00年代に入ってからは、ほぼ毎年のように、なんらかの税金や保険料の引き上げなどがあり、そのたびに家計は圧迫されてきました。その結果、年収800万円といっても、実際の手取りはどんどん少なくなっているのです。

 そこで家計を見直すことができればいいのですが、なかにはそれができない人たちもいます。『隠れ貧困』に陥る人の多くは、収入が減っても家計を見直すことができない、つまり生活レベルを落とせなかった人たちです」(同)

なぜ、団塊ジュニア世代が一番危ない?


「隠れ貧困」の傾向が最も顕著なのは、現在40代となっている「団塊ジュニア」世代だ。荻原氏によれば、団塊ジュニアは「がんばれば、それだけの対価を得られる」という団塊世代の親の影響を強く受けているという。しかし、日本経済が低迷しているにもかかわらず、いまだに「がんばればなんとかなる」と考えていること自体が大間違いなのだ。

『隠れ貧困 中流以上でも破綻する危ない家計』

パッと見には人並みの生活でも、なぜか貯金ができない、将来はまっ暗。それが「隠れ貧困」。老後破産へ一直線! 毎月の給料、いつの間にかなくなってませんか? 高血圧を放置すると重篤な病気になる恐れがあるように、貯められない「隠れ貧困」は、やがて「下流老人」に至る危険なお金の生活習慣病。住宅ローン、教育費、保険の見直しから、着実なお金の増やし方、もしもへの備えまで、この一冊でもう安心。

amazon_associate_logo.jpg