NEW

築地市場の豊洲移転、都内が大渋滞慢性化の懸念浮上…通勤ラッシュや物流を直撃も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
築地市場(撮影=編集部)

 8月31日、老朽化していた築地市場の移転の是非をめぐり、小池百合子都知事が延期を表明した。これにより、11月7日の豊洲新市場のオープンは取り消され、改めて移転の時期については話し合われる。

 小池知事が移転を先延ばしにした最大の要因は、豊洲新市場の土壌汚染とされている。地下水モニタリング調査の結果が出るのは2017年1月とされており、それ以前に移転を決めてしまうのでは調査の意味がない。

 そうしたことから延期になった豊洲移転だが、すでに豊洲新市場は完成している。あとは築地の業者たちが引っ越しを済ませるのを待つばかりで、小池知事が移転先延ばしを表明した直後から、その時期は2月頃とみられていた。しかし、2~3月は年度末のため、引っ越し業者は繁忙期に当たる。2月に移転を強行しようとしても、準備が整わずに移転ができない業者が出てしまう懸念もあるため、5月の大型連休明けに移転するというプランが浮上している。

 しかし、豊洲新市場の問題は土壌汚染や建物の設計ミスだけが指摘されているわけではない。仮にそれらが解決されても、豊洲移転に難題が山積していることは変わらない。豊洲新市場は、開場約1年前の15年10月29日に報道陣に公開されている。このときから、報道陣から「豊洲市場周辺の交通インフラの脆弱性」を指摘する声はあった。特に、物流インフラの肝ともいえる豊洲市場周辺の道路インフラは脆弱で、それを問題視する声は根強かった。

 もともと豊洲新市場にアクセスする公共交通機関は、「ゆりかもめ」しかない。ゆりかもめの始発は6時台。もちろん、セリには間に合わないので、市場関係者は自動車を使うだろうが、市場の朝のにぎわいを見たいという観光客にとっても、ゆりかもめは利用しづらい。そうなると、観光客はバスやタクシーを使うことになるだろう。自然と、豊洲市場周辺の道路は渋滞する。

 観光客の交通の便が悪いというだけなら、それほど問題にはならない。それよりも深刻なのは、道路インフラが脆弱で渋滞が起きてしまうことだ。豊洲一帯は新しく整備された街区のため、道路などは整然としている。しかし、整然としているがゆえに、都心から豊洲に向かうルートには選択肢がない。

 そうしたことから、深夜・早朝の仕入れ時間帯にトラックが豊洲市場に集中することになる。仕入れのトラックが渋滞を起こせば、物流にも影響が出るし、それは巡り巡って通勤ラッシュにも影響を及ぼす。