NEW

ツタヤ図書館、利用者にTポイント付与で波紋…CCCを選定した教育委員長が館長に天下り

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高梁市立図書館 HP」より

 岡山県高梁市に2月4日、レンタル大手TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)を指定管理者とする新しい市立図書館がオープンした。

 人口3万人余りの山あいの町に建造された4階建ての複合施設。開放感あふれる吹き抜けと高層書架が演出するスペースに、オシャレなカフェや新刊書店が併設された、全国で4例めとなる“ツタヤ図書館”が入居することで、オープン直後から「町興しの起爆剤になる」と手放しで持ち上げる地元メディアの報道が多かった。

 しかし、これまでツタヤ図書館の問題点をたびたび報じてきた当サイトでは、高梁市についても、昨年11月、自らの在任中にCCCを指定管理者に決定した高梁市教育委員会の委員長が新図書館の館長に内定していた事実をスクープした。市教委側の人物がツタヤ図書館の館長に就任するのは、宮城県多賀城市に次いで2例めだ。「あからさまな天下り人事ではないか」との批判も多い。

「仕事を依頼する側の責任者が、仕事を受ける側の責任者に就任する」ことで、市教委が厳しくチェックせずにCCC本位で進められる、癒着構造の危うさがそこにはある。

 ところが、まだオープンして1カ月もたたないうちに、早くも懸念が現実になる事件が起きた。

「ツタヤ図書館ではTポイントが付かないとしていたはずでないか」

 同館オープン前日の2月3日、インターネット上でツタヤ図書館に関して、疑問の声が上がった。リニューアルされたホームページ上に公開された新図書館の「ご利用ガイド」には、はっきりとこう書かれている。

「Tカードで自動貸出機(セルフカウンター)をご利用いただくと、Tポイントが1日1回3ポイント付与されます」

 事情をよく知らなければ「無料の図書館で本借りて、ポイントがつくなんてオトクだ」と驚かれるかもしれないが、これは2013年に全国初のツタヤ図書館として大きな話題を呼んだ佐賀県武雄市図書館でも導入された仕組みだ。

 だが、武雄市図書館がこの仕組みを導入した際には、公共サービスである図書の貸し出しに私企業のポイントが付くことの是非が問われた。特に、図書館利用の事実や読書履歴などの個人情報が外部の私企業に送信・保管される恐れがあることに対して、専門家をはじめ多くの市民たちから疑問や批判の声が渦巻いた。

 CCCはその可能性を否定しているが、その後にオープンした神奈川県海老名市、宮城県多賀城市のツタヤ図書館では、いずれもTカードを図書利用カードに採用してはいるものの、個人情報保護の面でより不安の大きいことなどから、貸出時にポイントは付与されないことになっている。