NEW

面接スキップでいきなり最終選考の学生も…学生が知らない新卒採用の「裏側」、受かる学生の共通点

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
合同説明会の様子(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
 6月23日付記事『1人で大手6社内定も…就活が空前の「学生有利」、内定辞退激増で企業がおびえる時代に』では、就職活動の実態について、キャリアデザイン研究所代表取締役社長で就職コンサルタントの坂本直文氏の話をお伝えした。 


「空前の売り手市場」といわれる今、優秀な学生を確保したい企業は早くから囲い込みを行い、そのため就職活動は早期化している。一方で内定を辞退する学生も多く、採用活動が秋~冬まで続くなど、長期化しているのも実情だ。 

 今回は、企業選びのポイントやほかの就活生との差別化を通じて、学生が内定を得るためのノウハウについて、さらに坂本氏の話をお伝えする。
 

志望企業は4つに分類すべき

 
――就活生は、いつから何をすべきなのでしょうか。 
 
坂本直文氏(以下、坂本) 3年生の7月には、就職情報サイト主催のインターンシップセミナーが開始されます。事実上、この時期から就活が始まるということです。夏・秋・冬にインターンが実施されますが、学生は多くの企業のインターンに参加すべきです。 

 理由は、自分はどんな仕事が向いているかを理解できるから。また、もうひとつは、インターンが実質的に採用選考の場になっているからです。8月は多くの企業がインターンを行いますが、そこには採用枠が設けられています。学生たちには、インターンが本選考の入り口になっているという実態を知ってほしいです。

 2月頃には非公式のシークレット会社説明会も開催され、水面下で選考を進めて、3月には内定を出している経団連加盟企業もあるぐらいです。そこで興味深いのは、内定者に対して、「知り合いの学生を集めてほしい」と「業務命令第一弾」を出していること。そうすることで、芋づる式にさらなる囲い込みを狙っているのです。

 話がトントン拍子に進むのは、学生にとってはいいことのように思えます。しかし、それは「交際していないのに結婚が決まってしまう」ようなもので、ミスマッチにもつながっています。そこで違和感を覚えた学生が内定を辞退することで、就活の長期化につながっています。

『内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版 2019年度』(高橋書店/坂本直文)
――学生のなかには、数多の企業からどうやって自分が行きたいと思うところを選べばいいのかわからないという人もいると思います。企業選びのポイントはなんでしょうか。

坂本 まず、志望を「第一」「第二」「第三」「第四」の企業群に分類することから始めましょう。

「第一」は、まさに就職したい企業。「第二」は第一に挙げた企業の関連企業やライバル企業。つまり志望業界です。「第三」は志望以外の業界から。「第四」は経験を積むための力試しとして。

 このように分類して、さまざまな業界や企業を知ることが、自分の志望する業界や企業を本当に理解することにつながります。それには『就職四季報』『業界地図』(ともに東洋経済新報社)などを参考にするのがいいでしょう。業界動静や売上高だけではなく、平均勤続年数や月平均残業時間、休暇制度、離職率、女性社員の育児休業制度取得率・有子率なども載っているため、そうした「働きやすさ」にも着目すべきです。

企業研究に欠かせない3つの情報収集法


――志望の業界や企業を見定めた後は、何をすべきでしょうか。

坂本 企業研究のための情報収集として、「IR情報」「新聞記事」「社員交流」の3つの方法を勧めています。

「IR情報」は投資家向けの情報ですが、「トップメッセージ」と「中期経営計画」さえ見ればOKです。「中期経営計画」を見れば、その企業がどういう方針でどんな方向に進もうとしているかがわかり、「トップメッセージ」はその計画をコンパクトにした内容であることが多い。この2つを見るだけでも、企業の全体像を把握することができます。

『内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版 2019年度』

全国有名書店&全国大学生協売上 12年連続No.1(ES分野)

---通る書類と通らない書類、こんなところが大きく違う!---

厳しい書類審査と面接を勝ち抜いた、合格エントリーシートをたっぷり収録。必ず通る提出書類が作れます。

amazon_associate_logo.jpg

面接スキップでいきなり最終選考の学生も…学生が知らない新卒採用の「裏側」、受かる学生の共通点のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、内定学生就職活動面接の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!