NEW

飼い犬が赤ちゃん咬み殺し…赤ちゃんいる家で犬買うのは危険?原因は間違った飼い方?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 3月、東京都八王子市にて、飼い犬の咬傷が原因となり生後10カ月の女児が亡くなるという痛ましい事故が起きた。一部報道によると、祖父母の家に預けられていた女児がハイハイをしていた際に、ペットのゴールデンレトリバーが突然咬みついたという。

 ペットの犬による咬みつきが原因で子供が死亡したケースは日本だけではなく、15年にはイギリスで生後3週間の男児が同様の事故で命を落としている。また、環境省が発表した調査結果によると、乳幼児以外も含まれるが15年に起きた犬による咬傷事故は4373件にものぼるというのだ。

 そこで今回は、赤ちゃんがいる家庭で犬を飼うことが危険なのかを否かを知るべく、犬の出張トレーニング事業をメインとするDOGSHIP合同会社代表・須﨑大氏に話を聞いた。

そもそも犬が人間を咬む理由


 まず犬が人に咬みつくのには、犬の個々の性格ではなく普段の生活習慣が関係していると話す須﨑氏。

「現在、家庭で飼われている犬種は、ペットショップ以外に各犬種を専門とするブリーダーによって交配された犬や、ドッグショーで優秀な成績をおさめた血筋を持つ犬が多いのです。何をもって優秀かといいますと、その犬が本来していた仕事、すなわち牧羊犬であったり、狩猟犬であったりと、元の特性が色濃く残っている犬たちが“良い”とされているわけです。そんな羊を追いかけていたような性質を持つ犬が、ビルに囲まれた都心などで暮らすとなると、“ストレスを感じるな”というほうが難しい。

 そして、その犬種が与えられていた仕事に適した運動量や仕事欲を満たしてあげることができなければ、犬としては別の方法で発散しようとするわけです。その発散方法こそが『咬む』という行為につながっていることも考えられます。

 また、人が寝ているときに映像で夢を見るように、犬は匂いの夢を見るぐらいに優れた嗅覚を持つ動物だと言われています。犬に噛まれ、興奮状態になった人間は体温が上がります。ということは、いつもよりも体臭が強くなることを意味している。犬としてみればそれが刺激となり、“反応が返ってきた”と思うことから噛み癖が付くことも考えられます」(須﨑氏)

飼い犬が赤ちゃん咬み殺し…赤ちゃんいる家で犬買うのは危険?原因は間違った飼い方?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、ペットショップ乳幼児育児の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!