NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

「このハゲーっ!」の豊田真由子議員に復帰の動き…「ポスト豊田」の動向が永田町で注目

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自民党の佐藤ゆかり衆議院議員(写真:坂本照/アフロ)
 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。


 8月3日、第3次安倍第3次改造内閣が発表されました。内閣の改造や発足の際には、各国会議員が就任した大臣たちにお祝いの電報を送ったり胡蝶蘭の鉢植えを贈呈したりするので、秘書たちはその準備に追われます。

 事前に内定情報が出ることもありますが、正式に発表されるまでは注文するのを躊躇します。たまに、サプライズ人事として、内定情報がひっくり返ったり意外な人物が入閣したりすることがあるからです。

 しかし、今回は正式発表前に8割以上の顔ぶれが確定したため、準備する私たち秘書は比較的バタバタせずに済みました。大変だったのは、入閣が内定していた議員の事務所の秘書たちです。皇居で行われる親任式の準備に大忙しで、「礼服はそろえたけど、靴を忘れた」と国会内の靴店に駆け込んだり、ホテルのレンタルコーナーから借りたと思われる一式を駐車場から運び込んだりしていました。

 また、同時にたくさんの胡蝶蘭が議員会館に運び込まれました。台車に胡蝶蘭を載せて、慣れない国会の敷地内を迷って困っている花店の方も見かけました。当日は警備のための警察官も増員され、毎度のことながら、組閣の日は緊張感と華やかさがあっていつもとは違う空気が漂います。

豊田真由子の離党届を受理しない自民党の思惑


 とりあえずは無事に船出を迎えたと思われる安倍改造内閣ですが、肝心の大臣たちの顔ぶれを見ると、特にサプライズもなく各派閥に配慮したお堅いイメージです。

 それぞれ専門性も高く、対外的にも評判のいい「即戦力」の大臣たちという印象もあります。明日にでも国会を開会しても大丈夫そうです。野党から要求が出ている閉会中審査に応じてもいいのではないでしょうか。

 私は、内閣人事だけではなく“足元”を固めるべきだと思っています。たとえば「このハゲーっ!」と政策秘書に暴言と暴力を浴びせたとされる豊田真由子議員は、自民党に離党届を出したものの、自民党はまだ受理していません。それどころか、「復帰説」すらあります。新任の秘書が関係者に「お詫び」をしているという話が、永田町でも出ています。

 このあたりの感覚が、国民の心情とかけ離れていると思います。自民党は「次の候補者選び」を言い訳にしているようですが、そもそも豊田議員のことを今後も応援する有権者がいるとは思えません。

 また、離党しているとはいえ、重婚疑惑が報じられた中川俊直議員の選挙区にも、自民党は候補者を立てないと思われます。中川議員が次回の総選挙で再選したら復党を認めるという腹積もりでしょう。しかし、中川議員の重婚疑惑は払拭されていません。有権者はそこまで物忘れがひどくないということに、なぜ気づかないのでしょうか。

「お騒がせ議員」佐藤ゆかりの元カレが入閣か…


 たとえ有能であっても、国会議員を長く続けていると、大なり小なり表ざたになればイメージダウンにつながるような問題を抱えているものです。

 私たち秘書は、「この改造内閣のメンバーから、まず誰が脱落するだろう」と想像をふくらませています。まずは、やはり不倫問題が表面化するでしょう。「新幹線で手つなぎ」の今井絵理子議員の不倫報道を見てもわかるように、世間は「不倫」というキーワードにとても敏感なようです。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』

あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。

amazon_associate_logo.jpg

「このハゲーっ!」の豊田真由子議員に復帰の動き…「ポスト豊田」の動向が永田町で注目のページです。ビジネスジャーナルは、連載、中川俊直佐藤ゆかり内閣改造自民党豊田真由子の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!