NEW

ノアの大洪水前の人類、寿命1000年だった可能性

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過剰な放射線被ばくが健康を害する?


 聖書によれば、地球の創世記、神は地上に留まる水と大空の上に留まる水をつくった。地上に留まる水は海を指すが、大空の上に留まる水は、かつて上空に存在したとされる厚い水蒸気層(氷の層)を指し、その温室効果で地球全体は温暖であったとされる。

 ところが、今から6000年ほど前から1万数千年前まで諸説あるが、ノアの時代、地上に創造した人間たちが堕落していったのを見た神は、すべてを滅ぼすことを決心した。神は40日40夜にわたって地上に雨を降らせ、大洪水を起こし、ノアの家族とつがいの動物たちを除いて、地上の生物を一掃した。上空に存在した厚い水蒸気層は雨として落下したため、陸地は大幅に減り(地下から溢れ出た水もあったと思われる)、現在のような水の惑星が生まれた――。

 洪水伝説は世界中に存在するが、もしノアの大洪水が実際に起こった出来事だと仮定すると、それ以前の世界においては、今日我々が当たり前に目にすることができる夜空の星々や日中の青空などは存在しなかったことになる。そう言うと、かつての地球は薄暗く、色彩美に欠けた、魅力のない世界だったのだと想像する人々もいるかもしれない。

 だが、実際的なことを考えるとその逆で、当時は本当に地上の楽園だったのかもしれない。

 たとえば、我々を含め、地上の生物にとって、太陽がもたらす光という電磁波は栄養であり、生命の源である。だが、そんな電磁波はすべて栄養になるわけではなく、我々は適切なレベルで浴びる必要がある。そのためのフィルターとして、有効に機能してきたのが磁気圏とヴァン・アレン帯や大気の存在である。

地球の磁気圏

 磁気圏は、棒磁石の周囲に形成される磁力線(磁場)のように地球を覆い、有害な太陽風や宇宙線から我々を守ってくれている。これは自然のサイクルに左右され、大洪水の影響はほとんど考えられないが、現在の地磁気0.24~0.66ガウス程度と比較すれば、当時ははるかに高く、1~5ガウス程度で厚く保護されていたと考えられている。

 一方、大気に関しては、大洪水によって大きく変化したと考えられる。上空の水蒸気層が雨として消えてしまったことにより、我々はかつて以上に有害な電磁波や宇宙線といった放射線に曝されるようになった。さらに、温室効果が失われ、極地の寒冷化や季節による寒暖差が厳しくなっていった。これは、人類を含めた生物の健康に大きく影響を与えた可能性がある。

ノアの大洪水前の人類、寿命1000年だった可能性のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、放射線被ばく聖書長寿の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!