NEW

小池都知事の追悼文見送り問題、「関東大震災での朝鮮人大虐殺の歴史の否定につながる」

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都の小池百合子知事(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
 東京都の小池百合子知事は、毎年9月1日に行われる、市民団体などで構成する実行委員会主催の「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」に都知事名で追悼文を送ることを見送った。


 これに対して、在日本大韓民国民団東京地方本部(民団東京)は8月30日に東京都庁を訪問し、「流言蜚語によって人の手で命を奪われた人々への心からの追悼をして頂くことを強く要望」する内容を盛り込んだ要望文を担当者に手渡した。

 なぜ、小池都知事は追悼文送付を見送ったのか。背景には、3月の東京都議会において自民党の古賀俊昭議員が都立横網町公園にある「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑」の「あやまった策動と流言蜚語のため6千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われました」との文言について「事実に反する」と問題視したことがある。

 これを受けて、小池都知事は「私自身がよく目を通した上で、適切に判断をいたします」と回答している。追悼文見送りの流れは、このときに生まれたといってもいいだろう。

 あらためて、韓国民団はこの件をどうとらえているのか。民団東京の鄭文吉(チョン・ムン・キル)事務局長と、金英一(キム・ヨン・イル)組織部長兼生活部長に話を聞いた。

「朝鮮人大虐殺の歴史の否定につながる」


――小池都知事は、朝鮮人犠牲者追悼式に追悼文を送付することを見送りました。今回、再考を求める要望文を都知事あてに提出しましたが、どのような思いですか。

鄭文吉氏(以下、鄭) 大変遺憾に思い、ぜひ再考していただき、今まで通りに追悼文を出してほしいと願っています。追悼文を取りやめることは、関東大震災での朝鮮人大虐殺の歴史を否定していると受け止めることにつながりかねないと思っています。それ以外にはありません。

金英一氏(以下、金) 小池都知事が「私自身がよく目を通した上で、適切に判断をいたします」と発言をされたことで、追悼文を送付しないのではないかという危惧はありました。

――関東大震災の発災後、「朝鮮人が井戸に毒を入れたり暴動を起こしたりしている」というデマが流布したようですが。

 当時の中央紙が壊滅状態になり、無線などの通信手段がない状態で人的交流もありませんでした。そこで、デマが飛び交う環境が整っていましたが、その内容は、今の「2ちゃんねる」などと同様であり、朝鮮人に関するデマだけではなく、地方紙では「富士山噴火」「横浜、伊豆諸島が海底に水没」「首相暗殺」「名古屋が全滅」「津波が群馬県の赤城山麓に到達」など、およそ考えられない間違った報道がなされていました。

 政府の戒厳令とともに、被災地やその周辺の地域では、住民らが自警団をつくり、軍や警察とともに数多くの朝鮮人を虐殺した「関東大震災朝鮮人大虐殺」が起こりました。

 内閣府中央防災会議の専門調査会が作成した「1923関東大震災報告書第2編」でも「デマによる朝鮮人殺害」について明確に記されており、数千人の朝鮮人が虐殺されたのは実証的にも歴史的にも動かしようのない事実です。

 当時の朝鮮人が井戸に毒を入れたり、組織的に暴動を起こしたり、軍や自警団と戦闘を起こしたりしたという話については、内閣府が明確に否定しています。

 インターネットなどでは、「地方紙が報じていたのだから、朝鮮人暴動はあったのでは」という声もありますが、当時の報道はデマや憶測をもとに書かれていました。一部の論評については、相手にする必要がありません。

小池都知事の追悼文見送り問題、「関東大震災での朝鮮人大虐殺の歴史の否定につながる」のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、小池百合子朝鮮人歴史民団関東大震災韓国の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!