NEW

山尾志桜里議員、不倫バレても党要職を希望…「ベッドの中では女の子」と永田町で評判

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
民進党の山尾志桜里衆議院議員(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
「永田町では、売店でもコンビニでも『週刊文春』は全部売り切れです。今、永田町は山尾志桜里一色ですよ」


 そう語るのは、ベテランの国会議員秘書である。それはそうだろう。1期目の一議員でしかない今井絵理子参議院議員と違い、野党第一党である民進党の幹事長に内定していた女性議員の不倫疑惑である。

「『見たー!? 疑惑が真っ黒だね』みたいに騒いでいます。『保育園落ちた日本死ね』のときにあんなに注目されて、『ジャンヌダルク』とまで言われていたのに……。『文春』は肉体関係があったかどうかまでは書いていませんが、週に4回も会う人なんて、普通は家族以外にはいませんからね。今井絵理子のように『一線を越えていない』では済まないでしょう」(前出の議員秘書)

男性議員から圧倒的人気だった山尾志桜里


 9月7日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、民進党の山尾衆議院議員(43)と弁護士の倉持麟太郎氏(34)は、8月28日から9月3日までの1週間のうち4回、ホテルやマンションで2人きりの逢瀬を楽しんでいたという。

「真剣に怒っている人はあまりいなくて、どちらかといえばおもしろがられていますね。志桜里さんは、普段はツンとして凜々しくしているので、『彼女も人間だったんだね』『ベッドの中では女の子だったんだね』といった声が男性からは挙がっています。

 自分に厳しく仕事をされていて、裏方のような仕事も厭わずにやっていたので、議員の中での評価は高かったんです。ツンとした女性が好きな男性も多いでしょう。休憩時間などにおじさま議員の間で『どの女性議員がいい?』みたいな話になったとき、上位にランキングされるのが志桜里さんだったんですよ。

 だけど今、志桜里さんを『いい』と言っていた議員は『自分を恥じている』と言っています。相手が9歳下のイケメンでは、おじさん議員としてはおもしろくないかもしれませんね。女性秘書同士のぶっちゃけ話では、年齢の近い40代の独身秘書などから『あぁ、私もまだまだいける。希望を与えてくれた』という声もあります」(同)

 地球5周分以上になる走行距離のガソリン代を事務所の経費に計上するという政治資金問題が報じられた際、山尾議員は「辞めた秘書が関与した」と弁解した。

「日頃、国会の質疑で収支報告書の記載ミスなどを追及していたのに、『自分のことになったら秘書のせいにするんだ』って、あのときも評価は落ちました。似たような例でいえば、小渕優子議員に政治資金の問題が持ち上がったとき、記者会見で『今後は自分が細かく見ます』と言って、自分の責任であることを認めて反省の姿勢をはっきり見せたのです。

 でも、あのときの志桜里さんは『秘書がやったことだ』って突き放して、自分は悪くないといわんばかりに自己正当化しました。それで、みんな『この人、ボスとしては最低だな』という印象を持ったのです。怒鳴ったりすることはないですが、秘書に対してはクオリティの高さを求める厳しさがあったので、自分にも厳しい人だと思われていたんですけどね」(同)

山尾志桜里議員、不倫バレても党要職を希望…「ベッドの中では女の子」と永田町で評判のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、不倫山尾志桜里民進党の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!