NEW

小池百合子を動かす「安倍政権応援団(新聞社)」出身者…希望の党、惨敗の“戦犯”を事務局トップに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
希望の党の特別顧問に就任した小池百合子氏(中央左)と玉木雄一郎代表(中央右)(写真:つのだよしお/アフロ)
 12月1日に開会した東京都議会定例会で、都知事の小池百合子氏は「あらためて都民第一、都民ファーストの姿勢で都政に専念したく、ご指導ご協力をお願い申し上げます」と語った。


 衆議院議員選挙の敗北を受けて、小池氏は11月14日に希望の党の代表を辞任、後継に共同代表に就任していた玉木雄一郎氏を指名した。その際も「国政については国政のみなさん方にお任せしたい」と、都政に専念する意向を示していた。

 しかし、同月20日に玉木氏の要請を受けるかたちで、小池氏は特別顧問に就任した。再び“二足のわらじ”を履く姿勢は、矛盾しているのではないか。小池氏の狙いはどこにあるのか。ジャーナリストの横田一氏に聞いた。

小池氏の“死んだふり院政”がスタートする


――小池氏の代表辞任および玉木氏を後継指名した件について、どう見ていますか。

横田一氏(以下、横田) 一言で表現すると、小池氏による“死んだふり院政”がスタートしたということです。選挙後、小池氏は「都政に邁進する」とは言いましたが、実際には国政への野心をまだ抱いているのでしょう。機会を見て、再び国政に関与してくると思います。

「都政に邁進」と言いつつ希望の党の特別顧問に就任したことを「矛盾」ととらえる人もいますが、小池氏の狙いが国政にある以上、当然の選択といえます。

 代表交代のたった34日前に玉木氏が共同代表に就任し、11月14日の両院議員総会で事前予告なしに小池氏が代表を辞任しました。そして、後継に玉木氏を指名し、拍手で了承されましたが、これでは民主的な手続きを経ているとはいえません。代表選を行い、投票によって選出するのが、党としての民主的なプロセスであるはずなのに、それが一切省かれ、小池氏の禅譲によって玉木氏に決まりました。

 党の所属議員などにも小池氏の代表辞任の意向を一切知らせず、直前になってメディアにリーク。異論をはさませずに思い通りに決める。まさに、独裁的手法です。しかも、重要ポストである政調会長や憲法調査会長についても、“親小池”で結党メンバーの長島昭久氏や細野豪志氏が就くことが了承されています。

 これには、裏取引があったとにらんでいます。少数の“親小池”メンバーだけで決定し、小池氏は代表を退く代わりに小池路線を引き継がせる。それが、小池氏の狙いでしょう。うまいやり方だと思います。

――日本維新の会は、野党でありながら自民党の補完勢力とみなされています。希望の党も同じような道を歩むのでしょうか。

横田 日本維新の会は「森友・加計学園問題(以下、モリカケ)」の審議で安倍政権を擁護したり、足立康史議員が野党議員らに対して「犯罪者」と発言したりするなど、とても野党とはみなせない存在です。

 実際、解散総選挙前の野党協議のなかで日本維新の会は外されていました。そこで、希望の党が日本維新の会と選挙協力をしたことの是非について、さらに「今後は選挙や国会運営で維新と協力しない」という“決別宣言”をするのかどうか、玉木氏の共同代表就任会見で質問しました。

 玉木氏の回答は、「いずれにしても、維新に限らず他党との関係は政策や中身次第ということになろうかと思います」という曖昧なものでした。

『検証・小池都政』

小池百合子知事は都民ファーストを旗印に、さまざまな政策課題を解決するのではと期待されて都知事選に勝利した。都知事に就任して早1年、小池都政は豊洲新市場移転か築地市場存続か、築地市場跡地のカジノを含む統合型リゾート問題、五輪関連事業など公共事業削減問題、待機児童問題などで大ナタを振るわないまま、漂流を始めている。安倍政権の政策変更を迫りながら「東京から日本(国政)を変える」という道を選ぶのか。あるいは共謀罪や原発再稼働などに曖昧な態度で、国政と都政を切り分け、橋下徹・前大阪市長が立ち上げた日本維新の会のように「政権補完勢力」として安倍政権に擦り寄るのか。本書は、小池都知事に密着取材して、小池都政を検証、報告する。

amazon_associate_logo.jpg

小池百合子を動かす「安倍政権応援団(新聞社)」出身者…希望の党、惨敗の“戦犯”を事務局トップにのページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、小池百合子希望の党日本維新の会東京都玉木雄一郎選挙の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!