NEW
三浦展「繁華街の昔を歩く」

100年前のAKBブーム

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年の『恋するフォーチュンクッキー』の大ヒットをピークに、AKB48もそろそろ下火とささやかれている。最近は乃木坂46のほうが露出が多いし。
 
 それは、どちらでもいい。多数の少女が歌って踊る。こういうものを好むのは、もしかすると日本人の伝統らしい。

明治時代のスカイツリーの美人芸者総選挙


 明治23年(1890年)、浅草に凌雲閣(通称「十二階」)という日本初の高層ビルが完成し、そこに日本初のエレベーターが設置されて大変な評判を呼んだ。エレベーターで上まで登り、最後は階段で展望フロアまで上ると、東京が一望できたからだ。今で言えば東京スカイツリー。

 凌雲閣(十二階)

 だが佐藤健二『浅草公園凌雲閣十二階』(弘文堂)や後述する笹山敬輔『幻の近代アイドル史』(彩流社)によると、このエレベーターが故障しがちのため、91年5月28日に運転が中止された。話題のエレベーターがなくなったので、急遽人集めイベントが企画された。それが日本初の美人コンテスト「東京百美人」だ。
 
 コンテストといっても、女性が実際に並ぶのではなく、東京中の芸者102人を写真に撮影し、額に入れて、十二階の中に階段に沿って展示して、だれがいちばん美人かを来場客の投票で決めるというものだった。総選挙なのだ!

 芸者の年齢は、下は13歳から上は40歳までいたが、大多数は15~23歳。平均19.3歳だったというから、AKBなどと大差ない。全員が同じセットで、凌雲閣と書かれたうちわを持って立って撮られた写真は、三階には吉原、浅草、四階には葭町(よしちょう)、下谷、日本橋、五階が赤坂というように街ごとに分けて展示された。 

こういう写真を撮影し、芸者人気総選挙をした。

 客たちは選挙に燃えた。しかも投票用紙は入場券の数だけもらえた。だから、一人で何枚も入場券を買って、お気に入りの芸者に何票も投票する者が頻出した。中には一人で50枚も買う者もいた。こういうところもAKBの総選挙と似ている。

 握手こそできなかったようだが、美人芸者からいわば「センター」を選べるということに客は熱狂した。今とは違い、一般庶民が選挙で人を選べるということ自体が新鮮だった。本当の国会議員の選挙では、まだ国民の1%しか投票できない時代だったからだ。

 十二階の普段の入場者は1日300人だったが、7月15−17日は1日平均2500−3000人が来場するほどの評判だった。そのため、予定では展示期間は8月13日までだったが、この調子なら入場料収入を増やせるというので、会期は9月12日まで延期されたという。

100年前のAKBブームのページです。ビジネスジャーナルは、連載、AKB48乃木坂46宝塚歌劇団の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!