NEW

ケンタッキー、毎日食べ放題の店舗が「料理もデザートも豪華過ぎ」で悶絶!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 日に日にクリスマスが近づいてきており、今年はどこのフライドチキンを食べようか漠然と考え始めている方も多いのではないだろうか。

 昨今はファミリーマートの「ファミチキ」やローソンの「Lチキ」といったコンビニ総菜も人気だが、やはりフライドチキンの王道といえばケンタッキーフライドチキン(以下、KFC)。昨年は12月23~25日の3日間で59億2000万円の売上を記録したとのことで、これは前年比107.9%という好成績だったそうだ。

 ただ、クリスマスシーズン以外にKFCを年間どれくらい利用しているかというと、筆者の場合は片手で数えられる程度。看板商品の「オリジナルチキン」だけでなく、「ビスケット」や「クラッシャーズ」などのサイドメニューも好物なのだが、普段は不思議と足が向かないのである。昨年、オリジナルチキンを含む4メニューの45分間食べ放題キャンペーン(税込1380円)が期間限定で開催されていたときも、情報を掴むのが遅かったせいで参加を逃してしまった。

 しかし聞くところによると、大阪府のKFCららぽーとEXPOCITY店(吹田市)と小野原店(箕面市)では、食べ放題を通年で実施しているとのこと。そこで今回、ららぽーとEXPOCITY店を訪問し、実際に食べ放題を体験してきた。

20組以上が待つ人気ぶり


 10月のとある日曜に筆者が降り立ったのは、大阪モノレールの万博記念公園駅。かの有名な太陽の塔を左手に見ながら2分ほど歩くと、三井不動産商業マネジメントが運営する大型複合施設「ららぽーとEXPOCITY」(以下、EXPOCITY)に到着する。全国的にも稀なビュッフェスタイルのKFCは、そのレストラン街の一角に店を構えていた。

 そもそもKFCはアメリカ発祥の企業だが、日本での記念すべき初出店は、1970年の大阪万博だったそう。EXPOCITYが開業する2015年11月のタイミングで、KFCにとって縁のある万博記念公園の地に錦を飾ったのが、この店舗というわけだ。

 そんなメモリアル店舗でも、まずは例によって、KFC創業者であるカーネル・サンダース氏のマネキンが入口で出迎えてくれる。他店舗との明確な違いは、マネキンの横に「順番受付・発券機」が設置されている点だろう。

ケンタッキー、毎日食べ放題の店舗が「料理もデザートも豪華過ぎ」で悶絶!のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、KFCケンタッキーフライドチキンファミリーマートの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!