NEW
池内ひろ美「男と女の問題を斬る」

私が北朝鮮旅行で目撃した、10万人のマスゲームと「少年宮殿」の実態

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平昌冬季五輪・北朝鮮の「美女応援団」(ロイター/アフロ)

 平昌冬季五輪も終盤を迎えているが、日本選手の目覚ましい活躍を見ることができたのはありがたく、素晴らしい五輪であったといえる。

 日本選手の活躍とは別に、今回の五輪では気にかかることがいくつかあった。

 韓国は北朝鮮からの選手団に加え、「美女応援団」に代表される応援団や芸術団400人以上を受け入れており、統一省の南北協力予算から28億6000万ウォン(約2.8億円)を拠出し、彼らの滞在費を負担している。選手村での入村式では、女子アイスホッケー南北合同チームのテーマソングにもなっている朝鮮民謡「アリラン」などが演奏され盛り上がっていた。

 アリランの楽曲を聴くと、私には思い出される北朝鮮での記憶がある。韓国の文在寅大統領は、北朝鮮の金正恩労働党委員長の妹・金与正氏をはじめとする高官代表団と約3時間にもおよぶ会談を行い、金与正氏は金正恩氏の親書を渡し、早い時期に訪朝するよう文大統領に申し入れたという。実現するかどうかは別として、南北朝鮮にとって意味深いことなのだが、個人的には選手村入村式での「アリラン」合唱のほうがインパクトが大きかった。

 北朝鮮には「アリラン祭」というものがあり、そこでは巨大な「10万人のマスゲーム」が開かれていた時代があったのだ。マスゲームは平壌最大のメーデースタジアム(収容15万人)で行われ、北朝鮮の有名な歌手や芸術団、オーケストラ、学生、幼稚園児まで10万人の演舞を眺めることができる。学生はスタンドで人文字を描く。

 平昌五輪をテレビで見ながら、私の頭の中によみがえったのは、その10万人のマスゲームである。また、「少年宮殿」と呼ばれる、100室近い教室の中で少年少女がそれぞれ、バレエダンス、琴やギターの演奏、書道や絵画に取り組んでいる。みんな笑顔で楽器を奏で笑顔で踊ったり、筆を握っていた。当時少年宮殿にいた少女たちのなかには、現在美女応援団に所属している人もいるのではないか。

北朝鮮への団体旅行


 北朝鮮の経済状態が安定しないため、アリラン祭が開かれるのは今年が最後だろうと噂された2002年6月、私は10万人のマスゲームを見ることを主な目的として平壌を訪れた。特別なルートを使ったわけではない団体旅行である。ツアー代金は少々高めであったが、新潟空港を発ち、ウラジオストクでのトランジットを経て平壌空港に降り立ったのである。

私が北朝鮮旅行で目撃した、10万人のマスゲームと「少年宮殿」の実態のページです。ビジネスジャーナルは、連載、北朝鮮平昌冬季五輪日朝首脳会談の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!