NEW
高井尚之が読み解く“人気商品”の舞台裏

ひどい肩こりが治った!スロー空手ストレッチ、外資系企業社員が続々道場に入門

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元世界王者の空手家・高橋優子氏(写真提供:赤坂経済新聞)

 いつのまにか「人生設計100年」と言われる時代となった。以前は「人生80年時代」だったので、ゴールが20年遠ざかったことになる。現在の30代や40代は年金も当てにできず、「悠々自適」は大半の人にとって無縁の世界だ。

 そんな時代性を反映して、自分が没頭できることを仕事にしたいという意識も高まってきた。そう簡単にいかないのはご存じのとおりだが、なかには両立させた人もいる。

 今回紹介する30代の女性空手家もそのひとりだ。現在は東京都内など10カ所の教室を運営し、約400人の生徒を持つ。空手道を追究する「求道者」の一面を持ちつつ、培った技術を生かし、肩こりをすっきりさせる効果のある「スロー空手ストレッチ」も教える。

「技」だけでなく「心」も伝達

子どもたちにも「技」と「心」を伝える

 東京・赤坂のビルの2階に「空優会」が運営する空手道場がある。開設は2012年9月で、各地の空優会の総本山的存在だ。

 取材の途中、厚手のカーテンで仕切られた向こうで「伝統空手」クラスが始まった。真剣な掛け声が聞こえるが、ピリピリした雰囲気はない。かといって軽いノリもない。このあたりのバランス感覚が同会の特徴のようだ。現在の赤坂道場では、下は3歳(園児クラス)から上は75歳までが学ぶ。85歳と83歳で入会した夫婦もいたという。

「門戸は広くしても敷居は下げないようにしています。空手教室で学ぶのは『空手道』で、技の会得を通じて『心』や『正義』(正しい義)も伝えます。私は茶道や華道と同じように考えており、この道場に入ると身が引き締まる存在でありたいのです」

 こう説明するのは空優会の主宰者・高橋優子氏(37歳)だ。2002年から08年まで全日本ナショナルチームに選出された当時中量級で国内№1の実力者だった。06年船越義珍杯・世界空手道選手権大会で優勝して世界王者にも輝いた。ほかにも03年、05年アジア空手道選手権中量級優勝、08年パリ国際大会無差別級準優勝といった輝かしい実績を持つ。無差別級でも出場したが、当時も今も身長172cmで体重は58kgで変わらないという。

「伝統武道の空手は、長年にわたり一子相伝で公開しない“陰徳の美”もありました。でも、それが災いして世間に誤解された一面もあります。『空手=悪』というイメージもあれば、『ケンカに強くなりたいから空手を学ぶ』人もいました。ウチの道場は子供に対しても『勝ち負けがすべてでない』『優勝した子がエライわけではない』と教えます。一方で心を鍛えることに力を入れて、『世間の荒波に負けない人』を育てたいのです」(同)

 これだけの実績を持ちながら、そう言い切るのは本人の経歴もあるようだ。

ひどい肩こりが治った!スロー空手ストレッチ、外資系企業社員が続々道場に入門のページです。ビジネスジャーナルは、連載、スロー空手ストレッチ肩こりの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!