NEW

高知東生、同時逮捕の女性と「7年シャブ愛人関係」発覚! 高島礼子の発言に見る「矛盾」と、おしどり夫婦の「本当の関係」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 覚せい剤と大麻の所持で逮捕された高知東生容疑者。ここへきて各マスコミがいっせいに高知容疑者の「実態」を暴露している。

「女性自身」(光文社)では、高知容疑者を引退後にインタビィーした際、「義父の介護をしていない」趣旨の発言や「女大好き」という発言などが取り上げられ、世間で話題になった「美談」とは異なる実態を紹介している。

 ただ、やはり一番の衝撃は、高知と一緒に逮捕された五十川敦子容疑者の正体を報じた「週刊文春」(文藝春秋)の内容だろう。2009年から高知と愛人関係にあり、シャブに興じていたという。レースクイーン時代の仲間が「あの人とクスリをやると2~3日はホテルに籠もりっきり」と五十川が語っていたという情報がある。もともと大物芸能人の情婦だったという話もあり、キナ臭い女性ではあったようだ。

 ここで注目すべきは、2009年から愛人関係を結んでいたということだろう。実に7年である。かなりの長期間にわたり高知と五十川が薬物に溺れていたことの何よりの証明と言えるだろう。

 実際のところ、これだけ長期間薬物を使用していたにもかかわらず、妻である高島礼子が「知らなかった」という論調に疑問の声が沸くのは当然。しかも「おしどり夫婦」であるならなおさら話の辻褄が合わない。

 マスコミ関係者の中でも「仮面夫婦説」はすでに語られており、自宅近くを取材してもツーショットなどは見たことがないという情報もすでに出回っている。

 高島が「ただただ驚いて困惑している状況です」と語ったのは、夫婦の"本当の関係"を暴かれないがための逃げ口上なのか......話に矛盾がある以上、そう感じてしまう人は多い違いない。

 今回の衝撃の逮捕は、まだまだ収束の域を見せていない。次々と衝撃の事実が飛び出してきそうだ。

高知東生、同時逮捕の女性と「7年シャブ愛人関係」発覚! 高島礼子の発言に見る「矛盾」と、おしどり夫婦の「本当の関係」のページです。GJは、エンタメ、愛人高島礼子高知東生の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!