NEW

まだまだ熱い戦いは続く!~ KEIRINグランプリ、クイーンズクライマックス、東京大賞典、スーパースター王座決定戦~

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
o-tore-su.jpg
オートレース公式サイトより

 有馬記念、そしてボートレースの大一番SGグランプリが終了して気が抜けた人も少なくないだろう。しかし年末に向けて公営ギャンブルはまだ大一番が控えており、これから最後の大盛り上がりを見せる。今回は年内に行われる各競技のビッグレースをまとめて紹介しよう。

競輪

 ボートレースのグランプリと並ぶ賞金1億円強(複勝を含め1億160万円)のビッグレース「第32回KEIRINグランプリ2016」が12月28~30日にかけて、たちかわ競輪で行われる。メインのグランプリは出場者9名による一発勝負のレース。ボートレースのグランプリやオートレースのスーパースター王座決定戦のようにトライアルがなく、選ばれた9名がいきなり1億円をかけて激突する競輪界最高峰のレース。距離の2825mは全レースの中でもっとも長く、レース中の駆け引きや各選手の仕掛けは非常に見応えがある。過去に様々なドラマがあったレースであり、一発勝負ゆえの未知のレースが魅力的だ。

 出場する9名はいずれも競輪界を代表する強者揃い。オリンピックの自転車競技に出場した経験のある新田祐大、中川誠一郎、渡邉一成、スピードスケート選手としてソルトレイクシティオリンピックの代表にも選ばれた経験がある武田豊樹、昨年のKEIRINグランプリ優勝者で6年連続出場となる浅井康太など魅力的な選手が揃った。

 またメインの「グランプリ」以外にも過去1年半以内のデビューで優秀な競走成績をおさめた若手選手が出場する「ヤンググランプリ(12月29日・立川競輪場・副賞含む優勝賞金830万円)」、そして女性選手のみが出場する「ガールズグランプリ(12月28日・京王閣競輪場・副賞含む優勝賞金1000万円)」も行われ、2016年最後の競輪を盛り上げる。KEIRINグランプリは地上波でも放送されるのでぜひご覧いただきたい。

競輪グランプリ特設サイト

ボートレース

 賞金1億円のSGグランプリは終了したが、2016年賞金女王を決める「プレミアムG1クイーンズクライマックス決定戦」が12月28~31日でボートレース平和島にて行われる。優勝賞金1200万円と数百万円相当の副賞であるティアラをかけて、年間の獲得賞金上位12名が激突する女の熱い戦いだ。

 断然の優勝候補である遠藤エミを筆頭に過去の優勝者平山智香や日高逸子など美女レーサーが集結。注目のモーター抽選は2連対率54.8%を誇るエース機(70号機)をベテラン中谷朋子がゲット。2位の15号機(2連対率50.8%)は松本晶恵、3位の49号機(2連対率50.4%)は遠藤エミが獲得した。最後の最後まで目が離せない注目の一戦、どんなドラマが待っているか楽しみだ。

クイーンズクライマックス特設サイト

まだまだ熱い戦いは続く!~ KEIRINグランプリ、クイーンズクライマックス、東京大賞典、スーパースター王座決定戦~のページです。ギャンブルジャーナルは、その他、オートレース競艇競輪の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!