NEW

モーニンがついに目覚めた!「昨年よりも強い」破格の自己ベストをマークした昨年王者を「世界No.1騎手」ムーアが連覇へ導く!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mo-nin.jpg
モーニン(競馬つらつらより)

「『連覇』もあるかな」

 15日に行なわれた第34回フェブラリーS(G1)の共同会見の席で、モーニンを管理する石坂正調教師は、確かにそう言った。

「昨年よりも強くなってる」

 冷静沈着な師がそう話したのは何も、ただの強がりではない。同日に栗東の坂路で行なわれた最終追い切りで、モーニンが抑え切れんばかりの手応えで4ハロン50.4秒を叩き出し、自己ベストを更新。昨年のG1初制覇以来、不振を極めていたディフェンディングチャンピオンが、ついに目覚めたのだ。まさに「グッド"モーニン"グ!」である。

 その走りからはまさに、己の働き場所を見定めるが如く目を覚ました「王者」の貫録さえ感じられた。まるでこれまでとは別馬のような変貌ぶりに、サンケイスポーツの調教班は最高の『S』を下している。出走メンバーで、この最高評価を射止めたのはモーニンだけだ。

「唸っていた」

 迫力満点の追い切りをそう評価したのは、騎乗した荻野要助手だ。この中間に左前脚にフレグモーネを発症し2日ほど調教を休むアクシデントがあったが、そんな不安をすべて吹き飛ばすような会心の走り。「息の入りも良かった」と胸を張る。

 昨年のフェブラリーSは、デビューから6戦5勝3着1回という勢いのまま頂点まで駆け上がった。

 好位から力強く抜け出すとノンコノユメやアスカノロマン、ベストウォーリアといった今年もライバルとなる馬たちをレコードで完封。ダート界の新王者として大きく名乗りを挙げた。