NEW

渡瀬恒彦さん死去。「ケンカ最強」「命知らず」伝説と数々の名作に彩られた、華麗なる人生

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渡瀬恒彦さん死去。「ケンカ最強」「命知らず」伝説と数々の名作に彩られた、華麗なる人生の画像1
渡瀬恒彦さん(東映マネージメント公式サイトより)

 俳優の渡瀬恒彦さんが14日、多臓器不全のため東京都内の病院で死去したことがわかった。72歳だった。

 渡瀬さんは『仁義なき戦い』シリーズや『事件』、『震える舌』などに出演し人気を博し、その後も『十津川警部』『おみやさん』(TBS系)、『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)など多くの人気ドラマシリーズに主演。『9係』は4月から新シリーズが放送される予定だった。

 この訃報にネット上でも「本当に残念」「もっと見たかった」という声が殺到。突然の死去にショックを隠し切れない様子である。

 年配の方々はもちろんだが、ドラマシリーズが多く若年層にもその存在が浸透していた渡瀬さんだけに、世間の反響は非常に大きい。そして、そんな渡瀬さんの出自を初めて知る層からは「意外な経歴」と驚きの声もあがっている。

『仁義なき戦い』など若いころは荒っぽい映画に多数出演している渡瀬さんだが、早稲田大学法学部に在籍(後に除籍)しており、実はかなりのインテリ。俳優業を志す前の就職先は電通PRセンターであり、なかなかのエリート街道だったことがうかがえる。その後、芸能界からの熱心な誘いを受け、役者の道に入ったという。兄の渡哲也さんはすでにスター街道を進んでいた。

 私生活では女優の故大原麗子さんとの結婚、そして離婚が話題にもなるなど、やはり「華麗」な人物というイメージでいいかもしれない。