NEW

【香港国際競走・展望】「世界王者」ハイランドリールVS「菊花賞馬」キセキが激突!日本馬8頭と海外馬の力関係は?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【香港国際競走・展望】「世界王者」ハイランドリールVS「菊花賞馬」キセキが激突!日本馬8頭と海外馬の力関係は?の画像1

 12月10日に香港のシャティン競馬場で香港国際競走が開催される。香港ヴァーズ、香港スプリント、香港マイル、香港カップと4つのG1開催に今年も日本馬が8頭と大挙出走。JRA(日本中央競馬会)からは、すでに馬券発売も発表されており、大きな注目を集めそうだ。

 日本からは香港ヴァーズ(G1)に菊花賞馬のキセキと、京都大賞典2着のトーセンバジル。香港スプリント(G1)に桜花賞馬のレッツゴードンキと、スプリンターズSで3着に好走したワンスインナムーン。香港マイル(G1)に安田記念を勝ったサトノアラジン。香港C(G1)にはクイーンエリザベス2世Cの覇者ネオリアリズム、昨年の3着馬ステファノス、昨年は香港ヴァーズに出走したスマートレイアーがそれぞれ出走を予定している。

 そこで今回は海外馬も含め、各レースの展望を行いたい。また出走確定は7日となっているので、あくまで現時点での出走予定馬とした。


香港ヴァーズ(G1)芝2400m 発送時刻12月10日(日)15時00分(日本時間)

【香港国際競走・展望】「世界王者」ハイランドリールVS「菊花賞馬」キセキが激突!日本馬8頭と海外馬の力関係は?の画像2

 昨年、日本のサトノクラウンがハイランドリールから大金星を上げたこのレース。それがフロックでなかったことは、今年の本馬の走りを見れば明らかだ。今年も中心にはハイランドリール(牡5歳、愛・A.オブライエン厩舎)が君臨する。

 連覇の懸かった昨年はサトノクラウンに足をすくわれたが、今年はさらにコロネーションC、プリンスオブウェールズ(いずれもG1)の2つのタイトルを上積み。世界でも屈指の存在であることに変わりはなさそうだ。現在3連敗中だが、相手はいずれも世界のトップオブトップ。4着、3着、3着と大きく崩れてはおらず、メンバーが落ちるここでは断トツの存在だ。

 対するは11月の米ブリーダーズCターフ(G1)で、ハイランドリールを破ったタリスマニック(牡4歳、仏・A.ファーブル厩舎)だ。ここまでビッグタイトルはなかったが、9月のフォワ賞(G2)で日本のサトノダイヤモンドに先着し、後の凱旋門賞2着馬クロスオブスターズに食い下がると、続くブリーダーズCターフで初のG1制覇を成し遂げた。いよいよ本格化を迎えた勢いは侮れず、ここで再び世界王者に引導を渡すか。

 この2頭に立ち向かうのが、日本の若き菊花賞馬キセキ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)だ。

【香港国際競走・展望】「世界王者」ハイランドリールVS「菊花賞馬」キセキが激突!日本馬8頭と海外馬の力関係は?のページです。ギャンブルジャーナルは、競馬、キセキスマートレイア―香港国際競走の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!