NEW

パチンコ機、グラドル出演料「250万円」を超える動くビックマネー...... 開発費「数十億」超えが生み出す「負のスパイラル」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ機、グラドル出演料「250万円」を超える動くビックマネー...... 開発費「数十億」超えが生み出す「負のスパイラル」とはの画像1


 パチンコ機にとって必要不可欠な要素となったコンテンツ力。現在パチンコ店を占める多くの機種が、芸能人や人気アニメなどを起用したタイアップ機である。「このドラマが好きだから」「この芸能人のファン」との理由をきっかけに遊技するユーザーは多く、その人気の高さは絶大だ。

 そうした熱烈な期待もあり、映像演出は日々進化し続けている。以前発売された、時代劇とのタイアップ機『ぱちんこCR逃亡者おりん2』(サミー)は、パチンコ演出の全てでオール実写を採用。ドラマの世界観を忠実に再現した斬新なパチンコ機が生まれた。

 また、昨年高稼働を見せた『CRぱちんこ必殺仕事人V』(京楽)では、竜役を務める俳優・京本政樹の協力の下、パチンコ演出で使用する実写の撮り下ろしが実現したと、「パチンコ必勝ガイド2018年2月号」(ガイドワークス)の開発者インタビューにて明かされるなど、1機種の開発だけに大変な労力が注ぎ込まれている。

 そこで気になるのが、パチンコ機に掛かる開発費用だ。特に、芸能人のタイアップ機種であれば「ギャラについて」が最も興味深いといえる。「知名度に比例?」「その時の人気が重要?」など様々な憶測が飛び交っているなか、その疑問に関し、グラビアアイドル・葉加瀬マイが暴露した。

 1月17日に放送されたバラエティ番組『良かれと思って!女性芸能人50人が芸能界の(秘)ウラ事情を暴露SP』(フジテレビ系)に出演した際だ。葉加瀬は、番組内で"おいしい業界の仕事"として「パチンコに流れる映像出演」を挙げ、なんと1回の出演でギャラは「250万円」だったという。

 またそのパチンコ機には葉加瀬の他に、30名のグラドルが出演していたとのこと。出演者のギャラだけでも、単純計算で「7500万円」。パチンコ機の開発費の高さが分かる。

 では、パチンコ機全体ではいくら掛かるのだろうか。上記のようなコンテンツ料の他に、映像制作や筐体の設計費など「機械自体」の開発費が必要となってくるわけだが......

 昔と比べて現在の開発費用は高騰し続けているようだ。そしてそれこそが「パチンコホールを窮地に追い込む1つの要因」と元パチンコ関係者がいう。

パチンコ機、グラドル出演料「250万円」を超える動くビックマネー...... 開発費「数十億」超えが生み出す「負のスパイラル」とはのページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、パチンコ必殺仕事人葉加瀬マイの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!