NEW

値上がり続く自動車保険 長期契約がお得?保険料は安く、事故時にメリット大きい

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 つまり、契約初年度に事故を起こしたと仮定すると、等級に影響するのは3年後の満期更改時点となる。事故が1回のみであれば、現在の等級から1等級のみのダウンで済み、 負担感は軽減する。

 もちろん、事故を起こさない時と比べて、保険料の値上がりから逃れることはできないが、随分と負担を圧縮できるのではないだろうか。

 とはいえ、3年間に2回事故を起こすと、1年契約の場合より、1等級分損することもあるし、契約期間中に青免許からゴールド免許に変わったとしても、ゴールド免許割引の恩恵を受けることができないなど、デメリットもある。しかし、損害保険は途中で契約内容を変更できる。また、始期応当日(年ごとの補償開始日)の解約であれば損はないので、一度解約して再契約をすることは可能だ。

 長期契約の基本的な内容や適用方法は各社同じであるが、内容は保険会社によっても異なるので、よく調べてから契約することが大切だ。中には長期契約の途中であっても事故があれば等級を下げる保険会社もあり、その場合には差額を徴収されるので注意が必要である。

 また、事故があった場合に保険会社が支出した保険金に応じて、翌年以降の保険料の値上がり額を変える制度を導入してもらいたいところだ。
(文=横川由理/ファイナンシャルプランナー)

値上がり続く自動車保険 長期契約がお得?保険料は安く、事故時にメリット大きいのページです。ビジネスジャーナルは、マネー、損害保険自動車保険の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事