NEW
村澤典知「時事奔流 経営とマーケティングのこれから」

コマツとクボタは、隠れたビッグデータ活用先進企業!今後の鍵を握る「カイゼン」のDNA

文=村澤典知/インテグレート執行役員、itgコンサルティング 執行役員
【この記事のキーワード】, ,

 その一つは、データ活用領域の拡大だ。これまでは建機の稼働管理におけるデータ活用がメインであったが、今年2月からは「スマートコンストラクション」として、建機を活用した現場の施工管理における総合的支援へと拡大している。このサービスには、無人飛行機(ドローン)による高精度測量や、施工進捗から工期に合わせた日々の最適な施工量を算出する最適施工マネジメント、経験の浅い機器オペレータの運転サポートを3次元でナビゲートする最適施工手順ナビゲート、現場で必要となる日々の情報をタイムリーに共有するスマホアプリなど、さまざまなものが含まれている。

 もう一つは外部連携によるデータ活用の進化。自社単独にこだわらず、ノウハウを相互補完できる外部とのパートナーシップを通じて、高次元のデータ活用をよりスピーディーに実現することを目指している。

 今年にはビッグデータ活用の分野でも世界的なリーディングカンパニーである米GEと合弁会社を設立。世界の鉱山で生産設備の稼働データを共同分析し、効率運営支援で提携し、両社のビッグデータ活用のノウハウを持ち寄り事業展開することが決まった。今後、コマツの鉱山機械などから収集したデータと運営ノウハウ、GEの高度なデータ解析力により、燃費改善や人員の最適化を実現させ、資源会社の費用削減を支援する。

農業経営を支援するクボタ

 コマツと同様に、一見するとビッグデータとは最も縁遠い世界にみえる日本の農業分野で、データ活用による高付加価値化を推進している企業もある。その中心的な存在がクボタだ。

 コンバインやトラクタ、田植機などの農機を製造・販売するクボタは、これらの農機で取得できるデータを活用した新たなビジネスを展開している。中長期的に縮小傾向にある日本市場において、単純な機器販売では収益性に限界があり、データを活用することによる高付加価値化は喫緊の課題であった。そこで、12年に実に20年ぶりとなる全社的な組織改革を実施し、コンバインやトラクタ、田植機、汎用、車両基礎など各技術部を束ねる組織に刷新。栽培から経営まで農家をトータルに支援するクボタスマートアグリシステム(KSAS)のプロジェクトを開始し、14年から当事業を本格化させた。

 クボタの新しいコンバインは、コメの収穫量だけでなく、食味まで測定できるセンサを備えている。内部搭載されたこのセンサは、コメに含まれるタンパク質と水分量を測定し、そこから食味を推定する。このデータはコンバインの運転席にあるパネルに表示されるとともに、専用のスマホを介してクラウドサービスにデータが送信される。田畑ごとに収穫量や食味がビジュアルでデータ分析できるような仕組みになっている。

 これらのデータが蓄積されることで、次の作付けの際に、田植機やトラクタでどの程度の肥料を投下すればコメの収穫量や味を向上させることができるかといった、PDCAサイクルによる「カイゼン」を実現できる。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合