NEW

同性にモテる方が得をする!? “男に嫌われる男”にならないコミュニケーション法

【この記事のキーワード】, ,

■雑談時は「反論しない」

 「自分の意見をしっかり言える」ということはいいことだが、いつでもどこでも自分の考えを主張すればいいというわけではない。コミュニケーションにおいて、相手と意見が合わないことは珍しくないが、そんな時に毎回反論していては不必要に敵を増やすだけだ。コミュニケーションには、自己主張をしていい場とそうでない場があるのである。

 前者の例は商談の時だろう。自分や自社の考えを主張できないと不利な条件を飲まされることがあるため、この場では自己主張は必要だ。

 しかし、ビジネスの場であっても雑談やおしゃべりの時まで自分の考えを主張しすぎるのはどうだろうか?どんなに相手の話が自分の考えと相容れないものであっても「あ、それね。よくわかる!」「うん、確かにね」と否定せずに受けながすことができずに「いや、俺はこう思うよ」と言わずにいられないとすると、これは周囲から煙たがられてしまうにちがいない。

 ここで紹介した内容は、どれも対人テクニックではあるが、けっしてうわべだけ取り繕うためのものではなく、相手と信頼関係を築くための基本的なことがらだ。

 本書ではこのような手ほどきが全編にわたって展開され、人づきあいに悩む人のガイドブックとして、チームや組織の中で過ごす時間を快適にしてくれる参考書として大いに役立ってくれるはずだ。
(新刊JP編集部)

関連記事

学歴も金もないのにモテる男の不思議「男の色気」の正体
モテる女になるためにすべき「正しい努力」
モテるようになる“お金の使い方”
年下男子にモテまくるための3つのポイント

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合