NEW

日記は「素振り」! 「天声人語」執筆者が語る、文章のプロが必ず実践している7つの行動

【この記事のキーワード】, ,

■小さな発見を重ねる

 本書には、向田邦子さんの「どんな小さなことでもいい。毎日何かしら発見をし、『へぇ、なるほどなあ』と感心をして面白がって働くと、努力も楽しみのほうに組み込むことが出来るように思う」という言葉が引用されています。つまり、このような「発見」をするための観察眼を鍛えることが、いい文章を書くことにつながるのだと辰濃さんは説きます。

 いかがでしょうか。どれも実践しようと思えば、すぐに実践できるものばかり。これらのことをコツコツと続けることができれば、それだけであなたの文章力は確実に向上するでしょう。
(新刊JP編集部)

関連記事

相手に伝わる文章の書き方
説得力のある文章を書けるようになる“200字メソッド”とは?
人の心に届く文章に必要な7つの要素
短く分かりやすい文章を書くコツ

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合